ニュースリリース

当社初、USB Type-C端子搭載27.0型モニターを発売

2016年10月25日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、先進の入力端子「USB Type-C」を搭載した当社初の液晶モニター「FlexScan EV2780」を発売します。サイズは27.0型、高解像度2560×1440に対応します。価格はオープン価格です。カラーバリエーションによって発売日が異なり、ブラックの「FlexScan EV2780-BK」は11月18日、ホワイトの「FlexScan EV2780-WT」は12月21日が発売日です。

※オープン価格の商品は標準価格を定めていません。参考価格(EIZOダイレクト販売価格:税込111,024円)
 

 FlexScan EV2780(以下、EV2780)が搭載するUSB Type-Cは、映像、音声、USB信号を1本のケーブルで伝送でき、さらに給電にも対応する最新の伝送規格です。EV2780は、最大30Wまで給電が可能です。

 例えば、ノートパソコンにモニターを接続して使用する際は、これまでは、ノートパソコンとモニターの間に映像信号ケーブルを接続、モニターとノートパソコンそれぞれに電源ケーブルを接続する必要があり、合計3本のケーブルを使用していました。

 

上部フレーム幅

 一方、USB Type-Cケーブルを用いてノートパソコンとモニターを接続すれば、モニターからノートパソコンに映像信号の伝達と給電が同時に行われるため、ノートパソコンに電源ケーブルを接続する必要がありません。このため使用するケーブルは、モニターの電源ケーブルと、ノートパソコンとモニター間のUSB Type-Cケーブルの2本になり、これまでよりも、デスクまわりの配線をすっきりさせることができます。

  上部フレーム幅


 その他の特長として、EV2780は、画面の額縁部が全辺1mmで突起部分の無いフレームレス・フルフラットデザインを採用しています。モニター正面部に視覚的なノイズが無いため、画面に集中してパソコン作業ができるほか、デュアルモニターで使用する場合も額縁が邪魔にならず、ストレスなく作業できます。さらに、画面の明るさを自動で調整する機能やブルーライトカット、画面のちらつきカット機能など、ユーザーの疲れ目に配慮した設計も行っています。

 2016年10月26日(水)から29日(土)まで愛知県のポートメッセなごやにて開催される展示会「メッセナゴヤ2016」にて当製品を展示します。【EIZOブース 小間No.3D-250】。
 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/