株主・投資家情報

IR情報開示方針

当社は、株主・投資家の皆様をはじめとした全てのステークホルダーに対し、当社の経営方針、事業戦略や財務に関する情報を、公平かつ正確に提供することを基本方針としてIR (株主・投資家広報) 活動を実践し、株主・投資家の皆様の信頼を得られる企業を目指しています。

1.情報開示についての基本方針

情報の開示については、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報については、全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。

2.情報開示の方法

当社は、当社が株式を上場している東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、同規則に該当する情報については適時開示システムであるTDnet (Timely Disclousure network)に登録し公開しています。TDnet登録・公開後すみやかに報道機関に同一情報を提供するとともに、当社のウェブサイト上にも掲載し、一般投資家にも公平に伝達されるよう努めています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解していただくために有効と思われる情報については、報道機関や当社ウェブサイトを通じて公開します。

3.沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の1週間前から当該四半期決算発表日までを沈黙期間と定め、この期間については原則として決算に関する質問への回答やコメントを控えています。ただし、この沈黙期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示規則に従い適宜公表いたします。

4.その他

本ウェブサイト上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャー・ポリシーのみでなく、別途掲載している「ご利用にあたって」も合わせてご参照ください。

東京証券取引所提出書類

投資家情報ご利用の際の注意事項

1.投資判断について

本ウェブサイトは、当社へのご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身の判断および責任において行われるようお願い致します。

2.将来の見通し

当社が開示する資料、およびこのウェブサイトに記載されている当社及び当社グループの見通し、計画、方針、経営戦略、目標、予定などのうち、歴史的事実でないものについては、当社が現在入手可能な情報に基づく将来の見通しとなります。この見通しに関する記述は、多分に不確実な要因及びその他の要因を含んでいます。このため、さまざまな要因により、実際の業績はこの業績見通しとは大きく異なる結果となり得る可能性がありますので、ご承知おきください。

3.情報の正確性について

内容については細心の注意を払って掲載しておりますが、掲載した情報の誤りや、第3者によるデータの改竄、データ伝送の障 害等について、当社は一切の責任を負うものではありませんので、ご了承ください。また、当社はこれらの資料を現時点での最新情報に更新する義務を負うものではありませんので、合わせてご了承ください。