EIZOガレリア銀座

イベント・作品展

最新情報  

2019/01/18
太田 威重 写真展「風貌-町猫たち」を開催
2014/03/04
EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

 

太田 威重 写真展「風貌-町猫たち」を開催

太田 威重 写真展「風貌-町猫たち」を開催 風貌—己を装う術を知る人間のそれは、あくまで外見上の印象であって、その内面とは必ずしも合致しない。
 さて町で見かける猫(飼い主のいない猫)にカメラを向けた場合はどうだろう。そもそも人間のように演じることはできないはずの彼らのことだから、初対面の私にありのままの素顔を見せてくれるに違いない。そんな思いを抱きつつ巷をさまよい歩いた。
 近寄るのを拒むかのような鋭い視線を向ける猫や悲壮感漂う顔つきの猫がいる一方で、目が合うやいなや旧知の間柄のように親しげな表情を見せるものもいる。なるほど一口に町猫といっても住んでいる環境の良し悪しや、人間との関わりの深浅によって様々である。
 そんな彼らの風貌を造り上げたのは、生来の性格ばかりではあるまい。むしろ町猫として生きざるをえない、それぞれの境遇に因ることが大きいのではないだろうか。
 その風貌は、彼らの置かれている状況をストレートに映し出しているようにも思える。
太田 威重

<太田 威重 プロフィール>
1944年、東京に生まれる。
桑沢デザイン研究所インダストリアルデザイン科卒業。
1970年代後半から写真を撮り始める。
1980年代後半、バブル絶頂期の東京の荒廃を目にしたのがきっかけとなり、都内を中心に歩き始める。それにともない行く先々で出会う様々な境遇の町猫の姿に、変貌する都市に生きざるを得ない彼らの悲哀を想う。
以来、「東京と猫」をテーマとして雑誌や新聞などにフォトエッセイを発表している。
  [連載]
月刊ねこ新聞「猫は道連れ」(2003~2004)
雑誌Cats「東京在住猫」(2004~2007)
雑誌 猫生活「町猫交々」(2008~2010)
SANKEI EXPRESS紙「町猫浪々」(2008)(週一回、計48回)
雑誌 日本カメラ「ゆらゆらトラベログ」(2014)

[主な写真展]
「IN THE LESSON」キヤノンサロン(1979)
「舞踊家 泉勝志」キヤノンサロン(1981)
「都市点描」キヤノンサロン(1994)
「東京在住猫」富士フォトサロン(1994)
「東京エンターテインメント/余韻」コニカフォトプラザ(1999)
「東京まんまんなか」オリンパスギャラリー(2001)
「町猫浪々」UP FIELD GALLERY(2006)

[写真集]
「東京在住猫」トレヴィル/リブロポート(1995)
「東京まんまんなか」神田学会(2000)
「東京-猫もよう」平凡社(2002)

会期 2019年2月6~16日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

あなたの写真や動画、CGアートなどの作品展をEIZOガレリア銀座で開催してみませんか?
EIZOガレリア銀座を「楽しく情報交換できる場」としてご利用いただけたらと願い、EIZOギャラリーをご用意しています。お客様自慢の作品を大迫力の4Kモニターで多くの来場者に見ていただけるチャンスです。

 

ピックアップ

  • 夜には夜の画質がある。
  • 今すぐできる!疲れ目対策講座
  • EIZOガレリア銀座で作品展開催募集のご案内
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • まだまだ、できる!オフィスの節電
  • モニターでCAD環境をパワーアップ!
  • gaming.eizo.com
prev next