当社開催セミナー

Adobe Photoshopソフトウェアを利用したテロップ制作・HDRセミナー

セミナー紹介

ビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社様、株式会社エルグベンチャーズ様と共同でセミナーを開催します。
新進気鋭の映像エディターの伊藤圭汰氏(JUNESEP)を講師に迎え、実践に役立つAdobe Photoshopを利用したテロップ作成のイロハ、そのコツやTips(助言)、4K・HDR制作におけるテロップに関する手法をご紹介します。
また、近年注目を浴びる「HDR」に関する基礎講座を同時開催いたします。目前に控えた4K・HDRの映像編集時代に備えた実践セミナーです。
Adobe Photoshopソフトウェアでのテロップ作成に興味をお持ちの方、「4K・HDR」の映像制作に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

特別編

詳細

名称 Adobe Photoshopソフトウェアを利用したテロップ制作・HDRセミナー
(ポストプロダクション・映像制作会社向け)
無料特別編座学
開催日時

2019年5月16日(木)13:30~17:30(受付13:00~)

  • セミナー所要時間:4時間
  • 受付は開始30分前から開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
会場 EIZOガレリア銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
参加費 無料
定員 20名(1社2名様まで)
講師 映像エディター 伊藤 圭汰氏(JUNESEP)
セミナー内容 いつも業務で活用されているAdobe Photoshopを利用することで、専用機以上の自由度の高い多彩な番組テロップを作成することができます。
ノンリニア編集とリニア編集の混在時期が続くなか、Adobe Photoshopでテロップを制作することの効率性、ノンリニア編集との親和性などから、その有用性が近年、特に認識されてきています。

セッション1では、「専用機を使わず、どのようにテロップを作成するのか?」「専用機との差異は?」「ファイルの管理方法は?」など、即座に実践利用できるTipsをリニア編集、ノンリニア編集にかかわらず解説します。さらに4K・HDRでのテロップ制作についてのヒントをご紹介いたします。
高画質をかなえる5つの要素(解像度、色域、HDR・SDR、フレームレート、ビット深度)のうち、特に「SDR・HDR」については、これまで意識することなくSDRによる制作だったため、「HDRの言葉は知っているが、実際のところ、何がどう違う?実務上の留意点は?対応する機器は?」といった声が多く聞かれます。この声にお応えし、セッション2では、実務上習得すべき基礎理論を解説します。

<セッション1> Adobe Photoshopを利用したテロップ制作セミナー
・なぜ、Adobe Photoshopソフトウェアでテロップを作成するの?
・Adobe Photoshopソフトウェアの基本設定とその内容
・よくあるテロップの作成例~Tipsの紹介~
・Adobe Photoshopソフトウェアで静止画テロップを作成してみよう
・陥りそうな罠(わな)
・4K・HDRテロップの作成と注意点

<セッション 2> HDR基礎セミナー
・高画質をかなえる5つの要素とは
・SDRとHDRは何が異なる?
・業務への影響は?留意すべき点
ご持参いただきたいもの
ご注意・その他
  • 受付は開始30分前から開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
    セミナーで利用する機器のほか、最新モニターなども多数展示されておりますので、早めのご来店をお待ち申し上げております。
  • セミナーの進行状況によって、終了時間が多少前後する場合があります。また、予告なく一部のセミナーの内容が変更になる場合があります。ご了解のほどお願い申し上げます。
  • セミナーにおける録音・録画・写真撮影はご遠慮ください。

お申込み

セミナーへの参加は予約制です。下記申込みページからお申込みください。

  • お席に限りがありますので、先着順での予約受付とします。定員に達し次第、締め切りますので、あらかじめご了承ください。