当社開催セミナー

CameraRawを使う建築・店舗撮影カメラマンのHDR処理の仕方と撮影時のポイント

セミナー紹介

デジタル・フォトグラファー 小林 淳氏を講師にお迎えし、建築・店舗撮影業務に携わる方々を対象に、モニターキャリブレーション、Adobe Photoshop CC Camera RawによるHDR(HDRパノラマ)処理とデータ作成のポイントなど、業務におけるカラーワークフローを学ぶワークショップを開催します。

当日は、ご参加いただいた方限定の大変お得なご購入特典もご用意しています。ご購入や買い替えをご検討の方は、是非、この機会にお申込み・ご参加ください。

日程

開催日時

2018年10月24日(水)13:00~18:00

  • 受付は開始30分前から開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
  • 実機体験、実習は機材の都合上、順番をお待ちいただく場合があります。

詳細

名称

CameraRawを使う建築・店舗撮影カメラマンのHDR処理の仕方と撮影時のポイント
 無料特別編ワークショップ (法人様向け)

内容

当セミナーでは、モニター表示の調整方法について分かりやすく解説するほか、Photoshopを用いてのRAW現像、プリントまでの手順を、実演を交えてご紹介します。一連の業務フローに沿って、カラーマネージメントについて学んでいただける絶好の機会です。

前半は、モニターの重要性やキャリブレーションに関する基礎をご説明し、その後ColorEdge CG2420とモニターに内蔵のキャリブレーションセンサーを用いて、キャリブレーションの手順を体験いただきます。そのほか、用途や目的に合ったColorEdgeモニター選びについてご案内します。

後半では、Adobe Photoshop CC Camera Rawを使って、HDR画像の追い込み方、Photoshop移行後の調整方法について詳しくご説明します。実習のなかでプリント出力をご希望の方は、Canon PIXUS PRO-10Sでプリントアウトし、プリントした作品はお持ち帰りいただけます。

カラーワークフロー全般の注意点や日頃の疑問点も解決できる、今後の業務に役立つワークショップです。
 

小林 淳氏 作例   小林 淳氏 作例
  小林 淳氏 作例

■小林 淳氏プロフィール
EIZO認定 ColorEdge Ambassador
JPS 公益社団法人 日本写真家協会(09’~15’ 写真著作権委員)
CPS会員(11/10/27~12/4/20 キヤノンフォトサークル 第12期ジャンルマスター)

経歴
広告スタジオアシスタントからフリーのアシスタントとして4年間修行。1993年、フリーランスフォトグラファーとして活動開始。美術芸術関連書籍を中心に広告、建築、料理、医療・経済情報誌など幅広く活動。
2009年からはカメラマンを中心に業界向けデジタルセミナーも行う。

  小林 淳氏
ご持参いただきたいもの モニターキャリブレーションやRAW現像処理の実習に使えるデータをUSBメモリやSDカードでご持参ください。
定員 8名
参加費 無料
主な使用機材
  • モニター:EIZO ColorEdge CG2420
  • キャリブレーションセンサー:CG2420内蔵センサー
  • 画像処理ソフト:Adobe Photoshop CC
  • パソコン:Windows 7搭載パソコン
  • プリンタ:Canon PIXUS PRO-10S
  • プリント用紙:Canon 写真用紙 プラチナグレード
会場 EIZOガレリア銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
ご注意
  • 受付は開始30分前から開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
  • 実機体験は、機材の都合上、順番をお待ちいただく場合があります。
  • 画像データは、USBメモリやSDカードでご持参願います。

お申込み

定員数に達した為、受付は終了しました。

個人情報の取扱いについて
取得した個人情報は、次の目的に利用させていただきます。
・製品、サービスのご提供手続き
・お問合せへの回答
・製品・サービスに関するご案内やアンケートの送付
・キャンペーン・イベント実施に関するご案内

当社の個人情報保護方針や個人情報の照会、変更・削除のお手続き及び個人情報のお問合せ窓口等につきましては、プライバシーポリシーをご参照ください。