当社開催セミナー

9/17・9/24開催『フォトグラファー・ビデオグラファーのための『DaVinci Resolve基礎講座』(東京会場)

セミナー紹介

マウントキュー株式会社と共同で開催するセミナーです。

DaVinci Resolveは毎年1度必ずメジャーバージョンアップが行われてきた、成長著しい映像制作向けのアプリケーションです。
このセミナーでは、そろそろ本格的にDaVinci Resolveを使い始めたいけれど、どこからはじめれば良いのか困っている方をメインターゲットにしています。スタートするためのヒントを吸収してお帰りいただくことを目指しています。

講師は、DaVinci Resolve認定トレーナーである山本久之氏がご担当。映像業界に長く携わってきた経験をベースにした、わかりやすい内容です。

  • 本セミナーは毎月定期的に開催を予定しています。

DaVinci Resolve基礎講座

詳細

名称 フォトグラファー・ビデオグラファーのための『DaVinci Resolve基礎講座』
 無料特別編座学
開催日時

2020年 9月17日(木)14:00~17:00(受付13:30~)
2020年 9月24日(木)14:00~17:00(受付13:30~)

  • セミナー所要時間:180分
  • 受付は開始30分前より開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
セミナー内容

DaVinci Resolveはカラーコレクションでは有名でしたが、今や映像編集、画像合成、サウンドミキシングでも十分に使える総合的なアプリケーションに成長しています。多機能になったが故に、これから使い始めるには腰が引ける方も少なくないのも事実です。このセミナーではDaVinci Resolveビギナーの方に向けて、どこからはじめれば有効に活用できるようになれるかの、ヒントを授けることを目指します。

セミナーでは実機を使ったハンズオンではなく、座学講習の形態で進めます。

  1. Media
    メディアファイルのハンドリングや、アプリケーションを始める際のセットアップを学びます。
  2. Cut/Edit
    今や二つのページにまたがった映像編集機能ですが、これらをどのように使い分けるのかを学びます。
  3. Fusion
    二つの映像をひとつに合成するための基本的な使い方を、クロマキーを実演して解説します。
  4. Color
    業界標準になったDaVinciの色調整機能を見ていただきます。どこからカラーコレクションをはじめるかの糸口を学びます。
  5. Fairlight
    どのようにサウンドエフェクトを加えて、マルチトラックでオーディオをミキシングするかを学びます。
  6. Deliver
    それぞれのページで加工した映像と音声をどのようにして成果物として出力するかを知れば、すぐにDaVinci Resolveは有効なツールへと変わるでしょう。

この他、映像制作に関わる技術的なご質問にもお答えできます。
普段からお困りのことなどあれば、遠慮なくご質問ください。

講師 DaVinci Resolve認定トレーナー/山本 久之氏(マウントキュー株式会社)
会場 EIZOガレリア銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目3番7号 ブランエスパ銀座ビル3階
費用 無料
定員 4名
ご持参いただきたいもの

特になし

  • ご希望される方は、ノートパソコンを持参いただいて操作をしながら受講していただくことも可能です。
ご注意
  • ご受講の前にEIZOガレリア銀座の安心・安全への取組みをご確認お願いいたします。
     
  • 受付は開始30分前より開始します。開始5分前までに受付をお済ませください。
  • セミナーで利用する機器のほか、最新モニターなども多数展示されておりますので、早めのご来店をお待ち申し上げております。
  • セミナーの進行状況によって、終了時間が多少前後する場合があります。また、予告なく一部のセミナーの内容が変更になる場合があります。ご了解のほどお願い申し上げます。
  • セミナーにおける録音・録画・写真撮影はご遠慮ください。

お申込み

セミナーへの参加は予約制です。下記申込みページからお申込みください。

お申込みページ(マウントキュー株式会社)

お申込みにおける個人情報のお取扱い
お申込みいただいたお客さまの情報は、セミナーのお申込み確認に利用いたします。
また、以下に定めるプライバシーポリシーに基づき、個人情報を取り扱うものとします。

プライバシーポリシー
https://www.eizo.co.jp/privacy/index.html

 

山本久之氏は、映像制作者のための記事連載とWebセミナーもご担当いただいております。
詳しくはこちら
映像制作者のためのカラーワークフロー