会社概要

品質基本方針

品質基本方針


EIZOグループは、質の高い優れた製品・サービス・ソリューションを提案・提供し、お客様の信頼に応え続けます
 

1.世界最高の技術水準を追求し、より優れた製品を目指す。
2.環境保全責任を果たすべく、商品開発から生産・販売・サービスに至る全ての事業活動において、環境負荷の改善に取り組む。
3.全ての事業活動において、全員参加の品質目標を設定・実行し、レビューする。
4.品質マネジメントシステムを構築し、その有効性と適切性持続のため、定期的にレビューし、継続的な改善を行う。
5.品質、有効性及び安全性を確保した医療機器を提供し、医療関係者及び医療を受ける人双方の信頼に応える。
6.法的及び社会的な要求事項を遵守する。

 

EIZOグループ 担当役員
専務執行役員 橋本 雅之

EIZOの品質保証体制


当社は、品質基本方針に基づき、お客様およびその先の皆様へEIZOブランド製品をとおして安心と感動をご提供できるよう、企画・開発から、製造、販売・アフターサービスに至るまで一貫した品質マネジメントシステムを構築しています。
また、国際品質マネジメント規格であるISO9001、ISO13485(医療機器)認証を取得し当社の品質マネジメントシステムに取込むことで、継続的で自発的な各プロセスの質の向上に努めています。
 

 企画・開発プロセス

当社は、映像信号伝送技術、表示デバイス開発・加工技術、画像処理アルゴリズム技術、環境適合技術などをコアコンピタンスとして、高品質の製品の企画・開発に取組んでいます。開発段階においては、世界各国の規格・法規制や各種認証規格を遵守することはもちろんのこと、各市場・用途に応じた徹底的なリスクアセスメントを行い、さらに、さまざまな事象・事例を反映した自社信頼性基準を基に検証を行っています。
また、お客様のニーズを捉えたカスタマイズなど、スピード感をもった柔軟な対応ができるよう、開発パートナーや仕入先との連携を密にして、商品企画および製品開発に取組んでいます。

 

 製造プロセス

右記は、EIZO製品の製造に携わる現場の社員から挙がった言葉です。安心してご使用いただける高品質・高信頼性の製品づくりにおいて、一人ひとりが品質への高い意識を持って製造に携わっています。また、製造現場にある技能育成センターでは、高い製品品質を確保・維持するため、各作業に対し専門的な社員教育を行っています。
加えて、新工場棟の生産ラインにおいては自動化を進め、社員の負荷を軽減しながらも生産効率を高めています。また、IoTを駆使して生産品の品質状況をリアルタイムに把握し、迅速なフィードバックを実現しています。

 

販売・アフターサービスプロセス

当社は、グループ会社および販売代理店により販売・アフターサービスを実施しており、各グループ会社および代理店とはグローバルネットワークを通じ、常に必要な最新情報を共有しています。
また、ご購入後も安心してご使用いただけるように購入後のセミナーなどのユーザートレーニングの実施や、お問合せの回答や万一の故障においてもお客様の不都合を最小限とするよう、迅速な対応を可能にするサポート体制を構築しています。
今後もお客様からの製品やサービスに対する要望を的確に把握し、製品の安全管理の徹底と迅速な情報開示、さらには新製品の開発に反映させていきます。

 

品質マネジメントシステム

開発・生産を行うすべてのグループ会社において、国際品質マネジメント規格であるISO9001、ISO13485(医療機器)を取得し当社の品質システムに取込むことで、継続的で自発的な品質システムの維持改善を図っています。