グラフィックスボード

ATI社ビデオチップ搭載ビデオカード利用時の画面点滅・ ノイズについて 2005.02

対象機種: FlexScan L685EX、L985EX、L885、L788、L797、L795、L695 / ColorEdge CG18、CG19、CG21

 

1. 内容

ATI社ビデオチップを搭載したビデオカードとEIZOモニターのDVI (デジタル) 接続において、組み合わせによっては画面点滅やノイズが発生する場合があります。ビデオカードとの互換性の問題であるため確実な回避方法はありませんが、 下記の軽減策をお試しください。症状が軽減する場合があります。

 

2. 軽減策

下記の手順に沿ってビデオカード側の設定をおこなうことで、画面点滅やノイズが軽減する場合があります。

  • ビデオカードとの互換性の問題であるため、確実に回避できるという訳ではありません。
  • Macintoshの場合は、別に購入されたATI製Radeonシリーズビデオカードのみ当軽減策が行えます。
    Apple純正のATI製ビデオカードでは当軽減策は行えません。

 

Windowsの場合

  1. ATI社サイトのDRIVERS & SOFTWAREのメニューから、お使いのシステムに合った最新のCATALISTドライバをダウンロードし、インストールする。 (http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspx)
  2. [画面のプロパティ]→[設定]タブ→[詳細設定]→[オプション]タブを選択する。
  3. 「DVI動作モードを替える」のチェックをはずし、「適用」をクリックする。
  4. 「高解像度ディスプレイでDVI周波数を下げる」にチェックを入れて、「適用」をクリックする。
    注意:上記の設定ができないビデオカードの場合もあります。

 

Macintoshの場合

  1. ATI社サイトのDRIVERS & SOFTWAREのメニューから、お使いのシステムに合ったRadeon ATIディスプレイドライバをダウンロードし、インストールする。 (http://support.amd.com/us/gpudownload/Pages/index.aspx)
  2. [システム環境設定]→[ATIディスプレイ]をクリックする。
  3. 「代替DVI TMDSレシーバーモードを有効にする」にチェックを入れ、「適用」をクリックする。