ヘルスケア

倉敷中央病院 様

 倉敷中央病院では、2014年7月に読影、読影補助、解析処理を集中して行える部屋として3Dラボ室を開設しました。以前は3メガピクセルモノクロ2面モニターと3メガピクセルカラーモニター1面の3面を1セットにしたモニター構成で運用していました。3Dラボ室開設の際に、EIZOの8メガピクセルカラーモニターRadiForce RX850×6台、6メガピクセルカラーモニターRadiForce RX650×2台を採用し、RadiNET Pro Web Hostingによるモニターの集中管理を開始しました。

 放射線技術部 血管撮影室の板谷副主任に、導入効果について話を伺いました。

放射線技術部 血管撮影室 副主任 板谷 英樹 氏
 板谷 英樹 氏
 放射線技術部 血管撮影室
 副主任


 

読影に恩恵をもたらすモニター機能

 RIおよびPETのカラー画像が多い当院では、他のモダリティと比較読影するため、モニターの「Hybrid Gamma機能」を大いに利用しています。マルチモダリティ読影では、フュージョン画像や3D画像等のカラー画像も増え、モノクロとカラーの表示エリアを判別し自動で最適な輝度と階調で表示できる「Hybrid Gamma機能」の恩恵は大きいと考えます。

 輝度をプリセットで設定しておけば、モニター前面のボタンでワンタッチに切り替え可能なので、読影するモダリティによって使い分けるのも容易です。

 読影室の省スペース化も選定理由のひとつです。モニターが3面から2面になり、スペース的に半分近くになりました。また、中央のベゼルがなくなり視線の移動距離の減少により、眼の負担が軽減され、視認性の向上が体感できています。
img_002.jpg

読影室

 

集中管理で手間がかからないモニター品質管理を実現

 当院では、高精細モニターを200台使用しています。200台のモニターを管理することは物理的に無理がありました。そこで、3Dラボ室開設と合わせて、EIZOのネットワーク品質管理サーバのホスティングサービスRadiNET Pro Web Hostingを活用できる環境を整え、遠隔によるモニター品質管理を実現しました。

3Dラボ室

3Dラボ室

 

RadiNET Pro Web Hostingで操作中

RadiNET Pro Web Hostingで操作中

 内蔵キャリブレーションセンサーIntegrated Front Sensorを搭載したモニターは40台ほどあります。センサーがないモニターと比較すると、RadiNET Pro Web Hostingの恩恵はとても大きいと考えます。Integrated Front Sensorを搭載したモニターなら、モニターが設置されている場所へ行かなくても、RadiNET Pro Web Hostingからネットワーク経由でモニターの設定ができ、輝度・階調測定は業務時間外の夜中に自動で行ってくれます。そして翌日にはすべての結果が一括で分かります。


 輝度・階調測定は、手間がほとんどかからないことから1ヶ月おきに測定するようにスケジュールしています。不変性試験は、目視試験のみで完了できてしまいます。従来の外付けセンサーUX1 Sensorを使うと1台20分はかかっていた測定を考えると、はるかに効率が良いです。日常点検の実施状況も容易に把握できるようになりました。
 

 読影医によっては輝度値に好みがあり、数種類の輝度値を設定しているモニターがあります。RadiNET Pro Web Hostingから、この輝度値の設定変更が可能です。依頼があった時に変更設定しておけば、夜中に自動で変更され、翌日には希望通りの設定になっています。モニター管理者としては時間効率が非常に良くなりました。

 当院の高精細モニターでIntegrated Front Sensorを搭載しているモニターは2割ほどですが、今後はさらに増やし、EIZOのIntegrated Front SensorとRadiNET Pro Web Hostingの組み合わせで、モニター品質管理の恩恵を期待しています。
輝度値


 

 

倉敷中央病院
〒710-8602 岡山県倉敷市美和1-1-1
http://www.kchnet.or.jp/

導入製品

導入事例