文教

宮崎県立佐土原高等学校 様

EIZO×HPの導入事例

導入製品

  宮崎県立佐土原高等学校  

宮崎県立佐土原高等学校

モニターとミニワークステーションをすっきり一体化
設置スペースの制約を解決し、クラス全員の学習環境を構築

モニターとミニワークステーションをすっきり一体化

クリエイター向けのソフトウェアが快適に動作する
ワークステーションと自然な発色のモニターを導入したかったのです。

今回はEIZO FlexScan EV2451、EV2456とHP Z2 Mini G3 Workstationをご導入いただきましたが、
どのような経緯でご検討されたのでしょうか?

 もっとも大きな要因としては、機器を更新するタイミングだったということがあります。宮崎県の方針によるものなのですが、概ね5、6年に一度、教育に使うコンピューターの入れ替えがあるので、それに合わせて検討を始めました。

 私が受け持っている産業デザイン科では、Adobe Creative Cloud、中でもIllustratorとPhotoshopはメインで使っており、「Illustratorクリエイター能力認定試験」は生徒に必ず受けさせることになっています。そのほか、3DCGでは、オートデスクの「3ds MAX」、動画制作には、After EffectsとPremium Proも使います。

 そのような環境に合わせて、これらが快適に動くコンピューターと、自然な発色が再現できる高品質のモニターが必要でしたので、業者にも要件を伝えて選定していきました。
  大岐嘉二郎氏
宮崎県立佐土原高等学校
産業デザイン科主任
大岐 嘉二郎 氏(取材時)

 

ご検討されていた時期にコンピューター機器類に関する課題などはあったのですか?

 産業デザイン科の1クラスが大体40名なのですが、その数のコンピューターが並べられる教室が無かったのです。これまでもワークステーションは使ってきましたが、筐体も大きいため多くの台数をモニターとセットで並べるには少し厳しい部分もありました。

 そのため、これまでは数名で1台のワークステーションとモニターを共用する形で授業をしていましたが、今回の入れ替えでなんとかクラス全員にワークステーションとモニターを割り振ることができる環境を作りたいと思っていました。

 また、3DCGの動画などを扱う際にはワークステーションがフル稼働します。ファンの騒音や排熱による熱気も問題でしたね。南面の教室では夏場になると冷房では間に合わず、扇風機と併用して室温をコントロールすることもありました。そこも改善したかったポイントです。

 

1クラス全員にワークステーションとモニターが
与えられる環境が構築できました。

実際にご導入が決まって、こちらの教室への設置などでご苦労された点はありましたか?

 実際の導入は2017年8月に実施されましたが、台数としては大規模なもので、総数でZ2 Mini G3は137台、EIZO FlexScan EV2451とEV2456が合わせて94台の設置となりました。もちろん、他の教室へも設置しているのですが、ひとつの教室に43台のZ2 Mini G3とEIZOのモニターを置いたのはこちらだけで、EIZOからオプション販売されている「小型端末取付用VESAアダプタ PCSK-03」を使ってEIZOモニター背面にZ2 Mini G3をセットしてから机上へ設置しました。

 ワークステーションもモニターも省スペースだったので設置は非常に楽でした。実は、机の上にほんとうに全部乗るのか分からない状態で始めたのですが、ワークステーション本体の置き場所はモニターの背面で済みますし、モニターのフレームもとてもスリムだったので、当初想像していたよりもはるかに少ない設置面積でセットできました。搬入と初期セッティングも合わせて2日と導入規模からすればとても短くて済みましたね。

宮崎県立佐土原高等学校

  宮崎県立佐土原高等学校

 

ご導入されて課題は解決しましたか?

 まず、一番大きな収穫は1クラス40名分のワークステーションとモニターを教室に並べられたことですね。ここに関しては、生徒たちも喜んでいるのでいますが、教員からも喜びの声が次々と上がっています。

 Z2 Mini G3に関しては実物を見ても、小さくてスタイリッシュなので「これ本当にワークステーション?」とちょっと不安だったのです(笑)。しかし、実際に稼働させてみると授業で使う3DCG用、動画用の各ソフトウェアも問題なく動いておりとても快適です。モニターについても画質が良さはもちろん、ワークステーションを背面にセットしているのにガタつきがなくバランスを保っているのはとても良いですね。

 また、教室内でのワークステーション運用における排熱や騒音に関してはまったく気にならなくなりました。筐体が小さいということで、熱を持ちやすいのではないかと最初は不安もありましたが、逆にこれまでHDDだったのがSSDになったり、電源ユニットからACアダプタになったりしたことで、電源効率は上がったように思います。同様に稼働部を持つパーツが少なくなっていることから故障などのトラブルも減るのではないかと想像しています。

  宮崎県立佐土原高等学校


 余談ですが、EIZOモニター背面にセットされている状態があまりにもスマートなので、生徒の中にはこれがワークステーションであることに気が付いていない者もいる様子です(笑)。

 

課題の克服はもちろん、カリキュラムの効率化も実現できました。

ご導入後、運用されている中で気が付いたことはありますか?

 この教室ができたことで、授業計画に大きな影響がありましたね。例えば、これまでは以前は座学で教えつつ、実習はある程度のグループに分けてローテーションしながらこなしていましたが、この教室を使えば一度に教えられる。効率の良い教育計画が練れるようになって学生も職員もとても喜んでいます。

 また、産業デザイン科では動画制作に興味を持つ生徒が増えています。1、2年生では簡単なムービーを作る授業がありますが、3年生は卒業制作で3分の動画を作成します。ですから、その時期になると課題のために放課後に学校のワークステーションを使いたいというニーズが増えてきます。

 今までは、複数の教室に分散させてワークステーションを割り当てていましたが、それを管理する職員は常に移動しなければならず大変でした。しかし、今後は放課後のワークステーション使用をこの教室に集中させられるのでその負担は大きく減らすことができます。

今後のシステム構想や抱負をお聞かせください。

 県の教育方針にもよりますが、おそらく次の更新は6年後になるかと思います。今の子供たちはみんなスマートフォンやタブレットPCに馴染んでいますので、その頃には液晶画面上で直接操作ができる製品へのニーズが高まると予想しています。現在でいう液晶タブレットの進化版のような製品がたくさん出てくると、情報技術の教育も変わってくるでしょうね。

 

時代の変遷と共に高品質なコンピューター環境へのニーズも高まっていると思います。
 

 私はこの学校の創立年度から勤めていますが、当初はコンピューターもそれほどなく、グラフィックに強かったパーソナルコンピューターが数台というところからスタートしました。以降、デザイン系でシェアを広めていたMacへ、そしてAdobe製品のWindows版が出てきてからはワークステーションへと当校で使うコンピューターも時代に合わせて変わってきました。

 ここ最近では社会的にはもちろん、生徒たちの興味も動画の世界へと移行していることもあって、増々高性能なワークステーションと高品質なモニターへのニーズが高まっていると思います。

 これまでのワークステーションはどうしても筐体が大きいものが多く、スペースの関係で1クラス分全員にコンピューターを与えることが出来なかったのですが、Z2 Mini G3と4辺フレームレス・フルラットのEIZOモニターと取付用アダプタのおかげでようやく念願がかないました。
  大岐嘉二郎氏
宮崎県立佐土原高等学校
産業デザイン科主任
大岐 嘉二郎 氏(取材時)
 今後は、この環境を活かして生徒たちがスキルを伸ばしていける授業をしていきたいですね。

 


 

■ご協力
宮崎県立 佐土原高等学校
ホームページ: http://www.miyazaki-c.ed.jp/sadowara-th/

1988年4月に開校した宮崎県立佐土原高等学校(以降、佐土原高校)は、取材時の2018年度に創立30周年を迎える歴史ある学校だ。「自立・協調・想像」を校訓とし、社会を担う人材を数多く輩出してきた同校の特長といえば、情報技術の進展をコンピューターの進歩とその応用技術の発展と捉えて、各分野に特化した「科」を持っているところにある。これにより、情報技術(IT)社会に対応した幅広い先端分野の学習を可能にしており、就職率100%という実績の他、工業高校からの国立大学合格者数は九州1位、全国でも3位という成績を修めている。

  宮崎県立佐土原高等学校
 

導入製品

おすすめコンテンツ

信頼のベストセレクト

導入事例