クリエイティブ

写真家 水谷 たかひと 氏

 当社が海外市場向けに実施している企画「ColorEdgeグローバルアンバサダー」に起用されている写真家 水谷 たかひと氏は、長年作品づくりにColorEdgeを愛用しています。水谷氏に作品づくりにおいて大切にしていること、ColorEdgeの使用感について伺いました。

水谷 たかひと氏の作品

写真家 水谷 たかひと氏 作品
© Takahito Mizutani

写真家 水谷 たかひと氏 作品
© Takahito Mizutani

写真家 水谷 たかひと氏 作品
© Takahito Mizutani

 水谷氏の作品は、ColorEdgeグローバルアンバサダーのスペシャルページ(EIZO海外Webサイト)で、さらにご覧いただけます。

作品づくりにおいて大切にしていることを教えてください。

 私が作品を発表するにあたり、大事にしていることは「色と陰影とライブ感」

 スポーツイベントでも「色」は段々とカラフルなウェアやシューズが多くなり、会場内でもカラフルな看板や観客の応援グッズなど様々な「色」で埋め尽くされている。

 その「色」をいかに活かせるか。利用するか。排除するか。

 「色」に助けられるシーンもあり、「色」で作品を台無しにされたシーンもある。
最新のカメラは高画素・高感度・高解像が当たり前の時代になってきた。
今まで表現できなかった「色」の階調も表現できるようになった。自身の作品において、豊かになった「色」の表情をもっと大事に、そして表現していきたいと思っている。

 「陰影」光と影で写真は生まれる。光と影を制するものは写真も制す。
学生時代にモノクロ中心に勉強していた時も、ポジフィルムは使用していた駆け出しの頃も、そしてデジタル全盛になった今も、そのスタンスは変わっていない。
スポーツ撮影の現場では、まず光の動向を必ずチェックする。あとどのくらい経つと光が変わる、影が出てきそうだ、等々。
そして選ぶ光は順光より斜光、斜光より逆光をより多く選んでいる。逆光によって浮かび上がるアスリートの筋肉のラインは最高に美しいと感じる。
光と影を使って自身が何を最も表現したいのかを追及していきたい。

 スポーツ写真はアップ目な構図で表現されることが多いと感じる。もちろん私もアップでアスリートや、その競技を表現したりする。
しかし、その現場でしか捉えられないシーンもある。屋外だと雨も降れば雪も降る。
様々な状況下でのシーンを、中ロングや広角で狙うのもまた良いものだ。
同じ場所で撮影し続けるのも好きでは無く、様々な角度や構図を求めて動き回っている。
他のフォトグラファーと同じものを撮影する気は更々ない。
常に自分の作品に「ライブ感」を求めて、どん欲になっていたい。

ColorEdgeの使用感を教えてください。

 「写真をみるのが楽しくなる!」
その一言につきます。
ColorEdgeとの出会いは5年程前になりますかね。スポーツ写真をメインに撮影している私が使用するカメラが1000万画素を超えて、細かい画像処理を施さなければならない状況になりました。ノートパソコンのモニターや、その当時使用していたモニターに限界を感じてColorEdgeを選択したわけです。

 初めて触れたColorEdgeが映し出す自身の写真に、胸躍った記憶があります。
一番驚いたのが「豊かな表現力」
そして現在は最新モデルの「CG277」を使用しています。豊かな表現力はさらに良くなりました。
広色域Adobe RGBカバー率99%で、私が大事にしている「色」をほぼ忠実に再現してくれますし、高コントラスト比で引き締まった黒色を映し出すこのモニターは、陰影をつける作品が多い私にとって無くてはならない機能です。
それとキャリブレーションセンサーが内蔵されているので、モニター調整が難しいかなぁ、面倒かなぁと思われている方には非常に便利な機能です。私もその中のひとりでした(笑)

 現在発売されているカメラは、高画素・高感度・広ダイナミックレンジが当たり前です。
スポーツ写真の現場でも当たり前のように、そのようなカメラが使用されています。
今まで表現できなかった細部のディテールも写し出すことが可能になったカメラでも、それを忠実に表現してくれないモニターを使用していなければ、宝の持ち腐れですよね。
カメラ選びもレンズ選びも大切ですが、それを実際に映し出すモニター選びにも気をつかう時代になったと感じます。

 「写真をみるのが楽しくなる!」
写真を愛する多くの方に、この素直な気持ちが伝わればと思っています。

写真家 水谷 たかひと氏

水谷 たかひと氏 略歴

写真家 水谷 たかひと氏   1968年、東京生まれ。1990年、東京総合写真専門学校卒業と同時に渡仏。冬季オリンピック、モータースポーツ、ウインタースポーツ、サッカー、ラグビー等を中心にヨーロッパで取材を続け3年後に帰国。拠点を日本に移しスポーツイベントを追いかける。
2001年 個展「NEVER END」をキヤノンサロンにて開催、同時に同名の写真集発刊。
2005年 グループ展「水谷ファミリーグラフィティー・MY SPORTS」を品川キヤノンギャラリーSにて開催。
2014年 報道写真展「上村愛子 16年のキセキ」をニッケ コルトンプラザにて開催。同名の写真集発刊。
他、グループ展多数出品
株式会社マイスポーツ出版 代表取締役。
一般社団法人日本スポーツプレス協会(AJPS) 会員。国際スポーツプレス協会(AIPS) 会員。


Facebookページ : https://www.facebook.com/takahito.mizutani

ColorEdgeグローバルアンバサダーについて詳しくはこちら

導入製品

導入事例

ピックアップ

  • ColorEdge 写真家75名、唯一の選択
  • 写真を楽しむ皆様へ
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • カラーマッチングセミナー開催
  • 雑誌掲載記事
  • ColorEdge受賞
prev next