「読影」を変える

医用画像撮影装置(モダリティ)のデジタル化や性能向上により、放射線科読影医1人当たりの読影件数は増加傾向にあります。そこでEIZOは、増加する読影医の負担を軽減するため、独自のWork-and-Flow機能を開発しました。

カーソルを軽く動かすだけで、検査リストを見たい時だけ表示し不要な時は隠しておく、さらに、複数のキーボードとマウスの使い分けが不要になるなど、読影ワークフローを円滑にし、読影環境を快適にします。

「読影」を変えるWork-and-Flow

Work-and-Flowのスペシャル映像

豊富なラインナップで表示画像に合わせた解像度選択

医用画像の情報量は画像を作り出すモダリティにより異なります。そこで、各診療科でどのような医用画像を表示するかを確認し、その医用画像オリジナルデータに合う解像度のモニターを選択することをおすすめします。機種が充実しているRadiForceなら、最適な解像度のモニターを選択可能です。

マルチモダリティ対応力

近年、病院内システムや、医用画像撮影装置の進化とともに多種多様でかつ、大量の画像データが取り扱われています。検査室や読影室には、そのため、様々なモニターが混在しているケースが増えています。

EIZOは、さまざまな医用画像を一つの画面に同時表示できるマルチモダリティモニター RadiForce Multi-Seriesをおすすめします。

ベゼルレス

マルチモダリティモニター RadiForce Multi-Seriesは、モニター2台使用時と比較すると、モニターの間のベゼルがなく、目線移動時の思考が途切れない画像比較が行えます。

かんたん品質管理

院内に設置された大量のモニターを管理するためには多くの労力が求められます。

EIZOは、当社が設置・管理するサーバーにインターネット経由で接続し、院内の全モニターを一元管理できる、安心のウェブホスティングRadiNET Pro Web Hostingをご提案します。

Product Finder

用途
スペック
解像度
パネルサイズ
リセット

対象製品