滑らかで均一な表示

歯科用パノラマX線画像やCT画像の表示には、RadiForce MX-Seriesをおすすめします。RadiForce MX-Seriesは、工場で1台ごとにDICOM Part14に準拠する階調特性への調整を行い、EIZO独自技術を活かしたDigital Uniformity Equalizer機能を搭載し、滑らかで均一な表示を実現します。

口腔内の微妙な色合いを忠実に再現

歯科技工所では、歯科医院で撮影したデジタルカメラの画像を参照して義歯を作成します。そのため参照の際には、患者により異なる口腔内の微妙な色合いを再現できることが重要です。

カラーマネージメントモニターColorEdge CG2420/CS2420は、sRGB色域を全てカバーし、さらにAdobe RGB色域も99%カバーします。sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない色まで忠実に再現し、高い品質が求められる歯科技工士の作業を支えます。

シェーマ入力が可能

歯科医院では、診察室やデンタルチェアに座っている患者に、歯の状態や治療計画を伝えるために、歯科用パノラマX線画像や口腔内写真を見せながら話をします。

患者にしっかり説明するために、表示している画像にペンで印や文字を描くことができる、タッチパネルモニターRadiForce MS236WT、MS235WTをおすすめします。

Product Finder

スペック
解像度
パネルサイズ
リセット

対象製品