• EX3140
    • 商品を比較する
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • 拡大
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
  • EX3220-3D
CuratOR EX3220-3D
78.9 cm (31.1) 型 カラー液晶モニター
手術映像を高精細に表示する
4K UHD表示対応の
31.1型ワイド手術用モニター
 
  • ご購入に関するお問合せ
  • 特長
  • スペック
  • ドキュメント 互換性情報
  • アクセサリ

4K UHD解像度で手術映像を高精細に表示

4K UHDピクトフルHDの4倍にあたる横3840×縦2160ピクセル(画素)の情報量を表示可能。内視鏡や顕微鏡手術カメラで撮影する4K UHD映像を高精細に再現します。フルHDモニターでは識別し難かった微細な部位を表示できます。

4K UHD解像度で手術映像を高精細に表示



4K UHD解像度で手術映像を高精細に表示

 

フルHD映像も見やすく鮮鋭化

EIZO独自開発の映像鮮鋭化技術「Smart Resolution with Sparse Coding (S.R.S.C.)」を搭載。従来の内視鏡や顕微鏡手術カメラで撮影したフルHDの映像も、モニターの4K UHD解像度を活かし、遅延なく高精細に表示します。

フルHD映像も見やすく鮮鋭化
(イメージ)

 

拡大映像でもフルHD表示

4K UHD映像の入力時に、ズーム機能で任意の部位を拡大視しても、フルHD相当以上の解像度で表示可能です。

拡大映像でもフルHD表示


 

広色域で映像の色味を鮮明に再現

広色域で映像の色味を
鮮明に再現

「sRGB」の色域を忠実に表示できるだけでなく、4K映像の色標準である「BT.2020」のエミュレーション(擬似再現)に対応。「BT.2020」に対応したカメラで撮影された映像の黄緑から赤にかけての領域をより鮮明に再現できます。

 

HDR映像に対応

HDR(ハイダイナミックレンジ)は、従来の映像で再現しきれなかった人間の目で見たような自然な表現ができる表示技術です。EX3140は、HDRで用いられる「PQ(Perceptual Quantization)方式」、「HLG(Hybrid Log Gamma)方式」のガンマ設定を備えています。HDRに対応した内視鏡カメラの映像を、暗い部分が黒つぶれしたりすることなく、よりリアルに表示します。

HDR映像に対応
(イメージ)

 

安全衛生確保を図るフルフラットデザイン

安全衛生確保を図るフルフラットデザイン手術室に設置された多くの医療機器や装置は、手術内容に応じて並び替えられたり、手術室間の移動が伴います。その際の医療スタッフの安全性を考慮し、角のない丸みを帯びたデザインを採用しています。

さらに、前面すべてを保護パネルで覆ったフルフラットデザインで、防塵・防水等級はモニター前面:IP45、全体:IP32を実現しました。また、ケーブルカバー装備でケーブル類もすっきり収納できるなど、安全で衛生的な手術環境の確保に貢献します。
 

ケーブルカバー装備でケーブル類もすっきり収納

 

 

保護ガラスでしっかりガード 保護ガラスで
しっかりガード

モニター前面すべてを保護ガラスで覆い、液晶画面を衝撃や汚れから守ります。表面硬度は9H以上で、モニター移動時に万が一壁等に接触した場合でも傷がつきにくいです。



 

ケーブル1本で4K UHD伝送

4K UHD映像伝送用のインターフェースに、DisplayPort 1.2端子と3G-SDI(BNC)端子×4本を装備。DisplayPort 1.2端子を使用すれば、60フレーム/秒の4K UHD映像を、信号ケーブル1本で伝送可能です。DisplayPortケーブルは抜け防止のロック機構を備え、安定した接続を保持します。また3G-SDI(BNC)端子を使用すると、30mの長距離でも安定した伝送を実現します。


EX3140コネクタ部

ケーブル1本で4K UHD伝送

 

プリセット機能で各種設定の簡単切替え

入力端子の選択や、輝度、階調、色域の表示設定など各種設定を、プリセット機能でモニターに記憶させることができます。記憶した設定は、OSD(On Screen Display)ボタンの簡単操作で、手術内容や術者の好みに合わせて呼び出せます。


 

複数人でも見やすい

水平/垂直178度の視野角を持ち、見る位置や角度によるコントラストの変化が少なく、どこから見ても自然な映像を表示します。

複数人でも見やすい


 

視線に合わせた
反転・回転表示

映像を「水平方向に反転(ミラー)」、あるいは「180度回転」して表示可能です。内視鏡カメラの向きに左右されず、執刀医の対面から手術をアシストする助手の視線に合わせるなど、各々の医療スタッフの見やすい方向に表示でき、手術中の利便性が向上します。

視線に合わせた反転・回転表示

 

 

確認に便利な
2画面同時表示

2つの異なる入力信号の映像を並べて表示するPoP(ピクチャー・アウト・ピクチャー)機能を搭載しています。手術中に異なるモダリティの映像を同時モニタリングしなければならない場合などに便利です。


 

画面ごとに表示モード切替可能画面ごとに表示モード
切替可能

内視鏡やCT、MRIなど表示映像に合った表示モード(ガンマ1.8-2.6や簡易DICOM)に、画面ごとに独立して切替えられます。

 

 

画面ごとに反転・回転表示

2画面同時表示の際、画面ごとに「反転(ミラー)」、あるいは「180度回転」表示させることが可能です。

画面ごとに反転・回転表示

 

天吊りや壁掛けに便利なVESA規格対応

VESA規格対応の取付け穴ピッチを備え、天吊りや壁掛け、内視鏡カート、卓上など、使用環境に応じた設置が可能です。卓上設置用に、別売りオプションのスタンドを用意しています。

天吊り
別売りオプションのスタンド


 

各種医療規格・安全規格に対応各種医療規格・安全規格に対応

医療の現場で安心してご使用いただけるよう、各種医療規格や安全/EMC規格を取得し、安全性と信頼性を実現しています。最新の規格IEC 60601-1-2 第4版にいち早く対応しています。

 

パネル  
種類 カラー(IPS)
バックライト LED
サイズ 78.9 cm(31.1)型
推奨解像度 3840×2160(アスペクト比16:9)
表示領域(横×縦) 654×368 mm
画素ピッチ 0.170×0.170 mm
表示色 10-bitカラー(SDI/DisplayPort):約10億7374万色
8-bitカラー:約1677万色
視野角(水平/垂直、標準値) 178 °/178 °
輝度(標準値) 350 cd/m2
コントラスト比(標準値) 1500:1
応答速度(標準値) 20 ms(黒→白→黒)
色域(標準値) BT.2020エミュレーション
映像信号  
入力端子 BNC(3G-SDI)×4、DisplayPort×1、DVI-D 24ピン×2 (シングルリンク、HDCP対応)
出力端子 BNC(3G-SDI)×4、DVI-D 24ピン×1(シングルリンク)
デジタル走査周波数(水平/垂直) 27~135 kHz/24~60 Hz
電源  
電源入力 AC 100-240 V、50/60 Hz
最大消費電力 146 W
主な機能  
その他 外部制御用端子(USB、RS-232C、GPI)
機構  
質量(モニター部) 約11.2 kg
取付穴ピッチ(VESA規格) 200×200 mm、M6、深さ7~11 mm/100×100 mm、M4、深さ7~9 mm
動作環境条件  
防塵・防水性能 IP45(前面)、IP32(背面)
適合規格(最新の適合状況についてはお問合せください。) CE(Medical Device Directive)、EN60601-1、ANSI/AAMI ES60601-1、CSA C22.2 No. 601-1、IEC60601-1、VCCI-A、FCC-A、CAN ICES-3(A)、RCM、RoHS、WEEE、J-Mossグリーンマーク、EAC
FDA Class I
主な付属品  
その他 電源コード(2.0 m)、ACアダプタ、ケーブルカバー、VESAマウント取付用ネジ×8、保証書付き取扱説明書、ユーティリティディスク(設定マニュアル)
保証期間 2年間
寸法図 PDF

製品カタログ

NEW
CuratOR Products
10.3 MB

ダウンロード

 

NEW
CuratOR EX3140
2 MB

ダウンロード

 

モニタークリーニングキット
ScreenCleaner

モニター表示面のためのクリーニングキット。

今すぐ購入

ケーブル
HEC02
HEC02

・延長電源コード

スタンド
HST03
HST03

・モニタースタンド

ピックアップ

  • 医療従事者向け情報
  •         
prev next