ニュースリリース

HDR映像制作用の31.1型4Kモニターを発売

2018年4月5日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、映像制作向けHDRに対応した31.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG319X」を2018年5月23日に発売します。価格はオープン価格です※1


1.概要

 ColorEdge CG319X(以下、CG319X)は、ColorEdge CG318-4Kの後継機種で、デジタルシネマ規格であるDCI 4K(4096×2160)解像度の31.1型4Kハイエンドモデルです。映像制作をはじめ、写真、デザイン、印刷などクリエイティブワークに携わる法人向けに、優れた表示性能と使いやすさを向上させました。

 映像制作市場向けの新機能として、HDR映像コンテンツ制作に必要なHDR入出力特性(ガンマ)である、PQ方式、Hybrid Log Gamma方式に対応しました。


 その他の新機能として、測定精度を向上させた内蔵キャリブレーション※2センサーを採用し、経過時間による表示のずれを高い精度で補正します。さらに、AI(人工知能)を活用し、正確な表示を維持します。また、CG319XはHDMI端子、DisplayPort端子どちらもケーブル1本でDCI 4K/60p入力に対応しています。

 使いやすさに配慮した特長として、静かな環境でユーザーが作業に集中できるよう換気用のファンがない設計を実現しました。また、従来機種よりも安定性を向上させた新スタンドを採用しています。

※1 オープン価格の商品は標準価格を定めていません。【参考価格】 EIZOダイレクト販売価格 CG319X 594,000円(税込)
※2 キャリブレーションとはモニターをキャリブレーションセンサーで測定し、目標値に沿って画面表示されるよう表示校正すること。

 

展示会情報

米国で開催される世界最大の映像放送機器展「NAB Show 2018」と、国内最大の映像制作・放送向けイベント「After NAB Show 2018」にブースを出展し、CG319Xを初展示します。

【NAB Show 2018】 2018年 4月9~12日 EIZOブース 「SL15713」
【After NAB Show 2018 Tokyo】 2018年 5月23~24日

 

2.CG319Xの主な特長

従来機種CG318-4Kからの進化ポイント

映像制作をサポートするHDR表示に対応

 配信・映画制作向けの「PQ方式」と放送向けの「Hybrid Log Gamma方式」、両方のHDR入出力特性(ガンマ)に対応しています。映画作品や放送番組など、HDRコンテンツの編集作業・カラーグレーディング作業に有効です。

  • 「PQ方式」は、HDRの国際標準規格であるITU-R BT.2100及びSMPTE ST2084に、「Hybrid Log Gamma方式」はITU-R BT.2100に準拠しています。

SDR (Standard Dynamic Range)のイメージ

HDR (High Dynamic Range)のイメージ

 

DCI-P3、Rec.2020を含む映像制作専用カラーモードを搭載

 デジタルシネマ規格の「DCI」や4K/8K放送の色基準となる「Rec.2020」など、国際規格で定められた色域・ガンマを再現する表示モードを標準搭載しています。カラーモードはモニター本体の前面ボタンから簡単に切替えて使用でき、ユーザーはプロジェクトの色基準に合わせて手間なく色管理を行えます。


CG319X の標準搭載カラーモード

 

用途に合わせたさまざまなガンマ設定が可能

 HDR PQ方式、Hybrid Log Gamma方式を含むさまざまな規格に対応したガンマ値を選択できます。また、専用ソフトウェア ColorNavigator 6/NXを使うことで、任意のカメラLogをガンマに設定できます。モニター単体でカメラLogの映像を確認できるため、撮影現場での運用に有効です。
 また、ガンマに「HLG」を設定している場合、入力されたHLG信号に対応してシステムガンマ値1.0~1.5を選択できます。

 

測定精度の高いキャリブレーションセンサーを内蔵

 CG319Xは、測定精度の高いキャリブレーションセンサーをモニター筐
体に内蔵。経年変化による表示のずれを正しく再調整します。また、付属の専用ソフトウェア ColorNavigator 6/NXを使って用途に合わせた最適な表示に調整できます。

  • 日本特許第4588044号、第5202654号

 

セルフキャリブレーション時も、事務作業が可能

 正しい表示を保つために必要な再調整は、内蔵のキャリブレーションセンサーが自動で実施します(セルフキャリブレーション)。
 従来はセルフキャリブレーション時、モニター画面が暗転しPC作業ができませんでしたが、CG319Xは作業画面を表示させたまま、再調整できるようになりました。これにより、再調整中であってもユーザーは作業を中断せずメール確認などの事務作業を行えます。

  • 日本特許第4809453号
  • セルフキャリブレーション時、画面上部のカラーパッチと右下の調整中ウィンドウは表示されます。

 

AIを活用することで常に安定した表示を実現

 液晶モニターは、周囲の温度変化やモニター内部の温度変化の影響を受けて色や明るさが変動し、正しい表示を妨げることがあります。ColorEdgeシリーズは、モニター内部に温度センサーを搭載し、内部の温度変化をセンシングするとともに周囲の温度変化を推定しています。これにより、階調・色度・輝度などに対して適切な補正を行い、正確な表示品質を維持しています。
 CG319Xは、この温度推定にAI(人工知能)を活用したアルゴリズムを採用しており、より高い精度で周囲の温度を推定し、安定した表示環境を提供します。※3

※3 その技術について特許出願中

 

DCI 4K/60p入力に対応

 CG319Xは、HDMI端子、DisplayPort端子を各2系統搭載し、いずれもケーブル1本でDCI 4K(4096×2160)/60p入力に対応。4K/60pで撮影した映像を変換せずにプレビューできます。

  • HDMI端子は10-bit、4K/50/60p、4:2:2、DisplayPort端子は10-bit、4K/50/60p、4:4:4まで

 

作業に集中できるファンレス設計

 CG319Xは換気用のファンを使わない内部設計を施しているため、静かな作業環境を提供します。

 

耐震性を考慮した新スタンドを採用※4

 地震など災害時の転倒リスクを考慮し、CG319Xは耐震性に優れた新スタンドを採用しています。また、ワンタッチでスタンドが取外せるクイックリリースにも対応しています。

※4 AV機器/情報通信機器についての製品安全規格「IEC/EN 62368-1」を取得予定

 

踏襲する信頼の基本性能

31.1型の大画面スペースに、DCI 4K解像度4096×2160

 フルHDの4倍を超えるDCI規格に準拠した高解像度(4096×2160)で、4K映像はもちろん、フルHD解像度のコンテンツを複数並べて確認作業が行えます。また、149ppiの高画素密度で高画素デジタルデータの細部まで忠実に表示できます。

 

デジタルシネマ規格「DCI-P3」カバー率98%の広色域表示

 DCI-P3を98%カバーし、4K/8K放送の色基準となるRec.2020色域にも対応する広色域表示を実現。また、Adobe® RGBも99%カバーしており、sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない鮮やかな青空や新緑の色を忠実に再現できます。

 

画面の隅々まで均一に表示

 独自のデジタルユニフォミティ補正回路を搭載。輝度と色度が均一になるように画面全体をすべての階調で補正し、画面の隅々までムラの起こりにくい均一な表示を保ちます。

  • 日本特許第4490899号、第4542988号、第5618574号、第5651419号

 

電源を入れてからわずか3分※5で、すばやく表示を安定

 モニターの電源を入れてからわずか3分で輝度、色度、階調特性が安定するように設計されています。撮影など外出先で使う場合でも、短時間のうちに安定した表示を実現し、常に高いパフォーマンスを発揮できます。

 

1500:1※6の高コントラスト比で、深い黒色を再現

 DCI規格に準拠※7した高コントラスト比、1500:1を実現。 また、バックライトを常に点滅して画像表示する液晶モニターでは難しい、黒のディテールの再現力に優れています。 白浮きを抑えた引き締まった黒色表示は、暗所での使用に有効です。

 

個別調整で実現する、滑らかな階調表現

 工場で1台ごとにRGB各色すべての階調を調整しています。理想のガンマ値になるよう、最も適した値を24-bit LUTを使って選択し、表示階調に再割り当てしています。これにより、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調を表現できます。

  • 日本特許第3976095号

 

さらに豊かな色再現ができる10-bit入力に対応

 CG319X は、10-bit 入力に対応しています。従来の8-bit(約1677 万色)入力に比べて、さらに豊かな10-bit(約10 億色)の表示色の中から最適な色を選択して表示します。
 

※5 当社測定条件による。
※6 標準値(DUE Priority:Brightness 選択時)。保証値ではありません。
※7 Review Rooms向け仕様

 

その他の特長

ワンタッチで取付けできるマグネット式遮光フードを付属

 組立不要、マグネット取付け方式で簡単に設置できる遮光フードを付属しています。モニターの上部、左右の側面を囲い込み、蛍光灯の映り込みなどの外光反射を効果的に防ぎます。

 

ズーム機能や色域外警告機能など映像制作専用機能を搭載

ほぼ真横から見ても、色変化が少ないノングレアIPSパネル

表示のちらつきが気になりにくい調光方式を採用

安心の5年間保証に加えて、購入から6か月の無輝点保証を用意

 購入から5年間(ただし、使用時間30000時間以内)、修理に関する費用は無償です。日常使用への影響を極力少なくするために、保証期間の内外を問わず修理期間中は、貸出機を無償で※8お貸出しします。さらに輝度の保証も設けており、10000時間以内であれば、使用輝度に関わらず色温度5000~6500Kの状態で120cd/m2以上を保証します。
 また、購入製品に輝点があった場合、ご購入から6か月以内であれば無償で液晶パネル交換を行う無輝点保証も対象です。

※8 ただし、保証期間外の貸出機の送料につきましては、お客様のご負担となります。



 

ColorEdge CG319Xの製品情報

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZOコンタクトセンター
TEL:0570-200-557 FAX:076-275-4128

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/