ニュースリリース

船舶市場向けモニター専用スタンドを発売

2017年10月19日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、船舶市場向けに販売中の液晶モニター専用のチルトスタンド「MDS-T191」と「MDS-T261」を2017年11月10日に発売します。
価格はオープン価格※1です。

詳細

 MDS-T261、MDS-T191「MDS-T191」と「MDS-T261」は、船舶市場向けに販売中の液晶モニター「DuraVision FDS1904/FDS1904T」と「DuraVision FDU2603W/FDU2603WT」※2専用のアクセサリで、同市場への販売に必須となる「船級」の要件を満たしています。「船級」とは、船舶機器の船舶内設置に求められる温度・湿度・振動などの要件をアメリカ、イギリス、日本、ノルウェー、ドイツなどの船級協会が定めたものです。「MDS-T191」と「MDS-T261」は、以上のすべての国の船級を取得予定です。

 これまで、当社の船舶市場向けモニターは、船舶機器への組込みを想定し、スタンドを用意していませんでしたが、今回、スタンドを提供することで、船舶内で設置自由度が上がり、活用の幅が更に広がります。スタンドを利用することで、モニター画面のチルト角度は、0°から60°まで10°ごとに調整でき、電子海図などがより見やすくなります。

 

 

※1 オープン価格の製品は標準価格を定めていません。 
※2 オプティカルボンディングモデルFDS1904-OP/FDS1904T-OP、FDU2603W-OP/FDU2603WT-OPを含む。

お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/