ニュースリリース

手術室向け49型フルHDモニターを発売

2017年4月6日

 

 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、49型の手術室向け画像表示モニター「LX490W」を2017年6月1日に発売します。価格はオープン価格です。

※オープン価格の製品は標準価格を定めていません。

 


1.概要

 LX490Wは、手術室内でX線やMRI、CT、超音波などの検査画像や、顕微鏡や内視鏡などの術野映像を高精度で表示する、フルHDの大型モニターLX470Wの後継機種です。

 画面サイズを従来機種LX470Wの47型から49型に拡大しつつも、スリム化、軽量化を達成しています。さらに、LX470Wと比較し、低消費電力、および高コントラスト比を実現しました。

CuratOR LX490W

2.詳細

スリム化、軽量化

 LX490Wは、画面サイズを従来機種LX470Wの47型から49型に大型化しつつ、額縁(画面の外枠)幅を56%削減した13.3mmにすることで、LX470Wと同等の外形寸法を実現しました。質量も、従来機種と比べて9kg少ない、22%の軽量化を図りました。このスリム化と軽量化により、さまざまな医療機器の導入などで十分なスペースがない手術室においても、すっきりかつ容易に設置できます。
 

低消費電力、高コントラスト比

 LX490Wの液晶モニター内部の光源を、従来機種のCCFL(蛍光管)からエネルギー効率の良いLEDに変更することで、従来機種と同じ高輝度700cd/m2を実現しながらも、消費電力を47%低減しました。コントラスト比も1000:1から1300:1に高め、低階調域を細部までより忠実に再現します。
 

基本性能・機能の踏襲

その他、従来機種同様に、手術室向けモニターとして優れた性能と機能を備えています。

  • 視野角178°の広視野角パネル採用
  • DICOM Part14準拠
  • ファンレス設計
  • 保護ガラス内蔵
  • 2つの異なる入力信号の画面を並べて表示するピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)機能
  • 多彩な入出力端子の搭載
  • 各種医療規格・安全規格の取得



<展示会情報>
 当社は、2017年4月14日(金)~16日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2017 国際医用画像総合展 (ITEM 2017)」、及び4月27日(木)~29日(土)に同じくパシフィコ横浜で開催される「第117回日本外科学会 定期学術集会」で当製品を展示します。

 

CuratOR LX490Wの製品情報


お問合せ

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 ORソリューション課
TEL:03-5764-3403 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/