ニュースリリース

映像制作用モニター「ColorEdge CG318-4K」を、HDR表示対応にアップグレードするサービスを開始

2016年11月8日


 EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、31.1型DCI 4K解像度のカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG318-4K」を先進の映像表示技術である「HDR(PQ方式)」表示対応にアップグレードする有償サービスを2016年12月9日に開始します。


1.概要

 「ColorEdge CG318-4K」は、当社が2015年3月20日に発売した映像制作市場向けモニターで、高解像度である4K(4096×2160)での制作ができます。映像制作市場では、4Kや8Kへの高解像度化が進むと同時に、HDR(ハイダイナミックレンジ)と呼ばれる人間の目で見たようなリアルな見え方を画面上で表示する技術の導入が進んでいます。このニーズに対して、今回当社は、ユーザーが現在使用中のColorEdge CG318-4Kをアップグレードし、HDR表示技術の一つである「PQ方式」の表示に対応させる有償サービスを開始します。


2.詳細

HDR(ハイダイナミックレンジ)表示技術とは

 HDRとは、人間の目で見た実世界に近いリアルな見え方を再現する先進の表示技術であり、4K・8Kでの放送/配信における基準化が進んでいます。暗い部分と明るい部分が混在する映像でも、黒つぶれや白飛びのない、明暗差(ダイナミックレンジ)の広い映像を映し出せます。HDR映像を表示するには、人間の視覚特性にあった入出力特性(ガンマ)を適応し、モニターを高輝度化、高コントラスト化する必要があります。

  • 日陰と日向が混在する映像(イメージ図)
日陰と日向が混在する映像
目で見た実世界
日陰と日向が混在する映像
従来のモニターでの表示:
日陰の暗い部分が黒つぶれ
日陰と日向が混在する映像
従来のモニターでの表示:
日陰の黒つぶれを防ぐと日向が白飛び

 

HDR表示技術の種類

 HDRには、映画やスポーツなどの動画ネット配信サービスやブルーレイの標準となる「PQ方式」と、放送向けに採用が検討されている「Hybrid Log Gamma方式」の2種類があります。PQ方式のガンマである「PQカーブ」は、人間の視覚特性に最適化されていることが特長で、NETFLIXやひかりTVなどの動画ネット配信サービスでの運用が開始されています。
 

HDRニーズへの当社の対応

 HDR映像の最終確認には、HDRに対応したより高輝度のモニターが必要になりますが、映像制作は周囲を暗くして行うことが多く、制作段階においては、眩しすぎない最適な輝度でPQカーブに適応した正しい色を再現できるモニターのニーズが高まっています。当社は、映像制作に適した300nits程度の輝度と1500:1の高コントラスト比を持つ「ColorEdge CG318-4K」において、カラーモードに「PQカーブ」のLUT(ルックアップテーブル)を書き込みする有償サービスを開始することで、そのニーズに応えます。
 サービスは、当社専門スタッフがオンサイトにて実施します。適応後はモニター前面のモードボタンで簡単に表示を切替え、HDR映像の確認ができます。
 

サービスのお申込み・お問合せはこちら
EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401
営業時間:月~金 9:30~17:30(祝日及び当社休業日を除く)

展示会情報
2016年11月16日~11月18日まで幕張メッセにて開催される展示会「Inter BEE 2016(国際放送機器展)」の当社ブースに実機を展示します。【EIZOブース:ホール4 No.4506】
Inter BEE 2016 EIZOブース詳細はこちら

 

お問合せ先

【お客様からのお問合せ】

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課
TEL:03-5764-3401 FAX:03-5764-3420

【報道関係各位のお問合せ】

EIZO株式会社 企画部 マーケティングコミュニケーション課
TEL:076-277-6795 FAX:076-277-6796
E-Mail
Webサイト:http://www.eizo.co.jp/press/