EIZOガレリア銀座

イベント・作品展

最新情報  

2017/05/16
水咲 奈々氏 作品展「ひとつひらり、ふたつふわり ~クラゲと金魚の水族館~」を開催
2017/05/16
山田 久美夫氏 作品展「ヨコハマの星空」を開催
2017/04/24
ジェットダイスケ氏 初の作品展「空蝉」を開催
2014/03/04
EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

 

ジェットダイスケ氏 初の作品展「空蝉」を開催

ジェットダイスケ氏 初の作品展「空蝉」を開催 中学生のころ、伯父にもらったおさがりの一眼レフをきっかけに写真を始めました。特撮映画が好きだったので多重露光や長時間露光での撮影で遊んでいました。現在では、ビデオブロガー/ビデオグラファー/フォトグラファーとして活動の場を広げております。
今回の写真展では、蝉の抜け殻=空蝉(うつせみ)にある、様々なドラマを伝えたく、一瞬一瞬を切り取りました。
避けては通れない、生きるための大きな変化。場合によっては死線を乗り越え、その先で短い夏を謳歌する。これは現生を生きる我々人間の姿にも重ねることができます。生きることの空虚さや無常、そして何より生に執着する狂気が含まれている。その命の営みでありながらもどこか無機質で虚ろな、昆虫ならではの狂気を写真を通して感じ取っていただけると幸いです。
  ジェットダイスケ

ジェット ダイスケ氏   <プロフィール>
ジェットダイスケ
https://www.youtube.com/user/jetdaisuke/featured

ビデオブロガー/ビデオグラファー/フォトグラファー。大阪芸術大学に在学中の90年代半ばよりビデオアート系の映像作家として活動開始。1994年東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 コンテスト部門初代グランプリ入賞、2009年にはアルファブロガーアワード受賞するなど国内外にて受賞歴・上映歴がある。もとは自主制作映画の発表の場にと、インターネットでの動画配信に携わり始めて15年以上。それが半ばライフワークとなって現在に至る。ビデオブログのために考案した映像の編集技法「ジェットカット」を駆使し、独自視点でデジタルガジェットなど電子機器のレビュー動画を日々配信。なかでも最新デジカメ/ビデオカメラや、シンセサイザーのような鳴りもの系ガジェットを得意とする。日本で最初の動画レビュアーとして知られ、チャンネル創設以来YouTubeの発展に貢献。著書に「YouTubeで食べていく」がある。

会期 2017年5月24日~6月3日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

5月27日(土)・6月3日(土)の二日間、それぞれ13時と16時から、展示作品の撮影方法についてセミナーを行います。(予約不要・無料)ぜひお越しください。

 

山田 久美夫氏 作品展「ヨコハマの星空」を開催

山田 久美夫氏 作品展「ヨコハマの星空」を開催

美しい夜景が楽しめる街「ヨコハマ」。
しかし、この街で晴れた夜空を見上げても、星の姿はほとんど見ることができません。
けれど、カメラを通してみると、そこには素晴らしい星空が広がっているのです。
今回の作品展では、そんな「ヨコハマの星空」をご紹介します。

そしてヨコハマは、私が生まれ育ったマイホームタウン。
小学生の頃に撮っていた天体写真をきっかけに、写真の世界に入った私にとって、このテーマは、いつかチャレンジしてみたいと思っていたもの。

今回の作品展はその第一弾になります。会場では、プリントと、EIZOのHDR対応4Kモニターでの作品を展示いたします。明るいヨコハマの夜空でも、さまざまなテクニックを駆使することで、肉眼では見ることができない、星空の姿を楽しむことができます。

この作品展を通して、より多くのみなさんに、身近な星空を楽しんでいただければ幸いです。

6月10日(土)15:00より同会場でギャラリートークを開催します。ここでは今回の撮影や処理テクニックなどについてもご紹介いたしますので、お出でいただければ幸いです。(予約不要・無料開催)
  山田 久美夫


<プロフィール>
山田 久美夫(やまだ くみお)

写真家。1961年横浜生まれ。1979年よりフリーランス・フォトグラファーとして活動。これまで国内外で40回以上の個展を開催。作品集「Natural」(1994年)、「ツァイスのふるさとを訪ねて」(1996年)、「ドイツ・色と光」(2000年)、「東寺の四季」(2016年)を出版。1983年より数々の雑誌やウェブ等で、カメラやレンズについて執筆。1999年より「DigitalCamera.jp」を運営。

会期 2017年6月7~17日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

水咲 奈々氏 作品展「ひとつひらり、ふたつふわり ~クラゲと金魚の水族館~」を開催

水咲 奈々氏 作品展「ひとつひらり、ふたつふわり ~クラゲと金魚の水族館~」を開催  水族館には様々なサカナがいます。そのなかで私が心惹かれたのはクラゲと金魚でした。

 半透明の体を効果的に見せるために趣向を凝らした光の演出のなかを漂うクラゲ、日本の趣を感じさせる和風だったり逆にポップないろどりの水槽の中で戯れる金魚。どちらも泳いでいるというよりもヒラヒラのドレスを着て踊っているかのよう。

 今回の作品は、アクリルの向こう側で優雅に踊る彼らを私なりの視点で表現しました。ひらりと優雅な、そしてふわりとした柔らかさいっぱいの展示を、写真パネルとColorEdgeの大画面4Kモニターでご覧頂けます。ぜひ、銀座の一角で行われるクラゲと金魚の水族館に遊びにいらしてください。

6月24日(土)15:00~16:30 セミナールームにて作品のスライドを見て頂きながら作品の撮影方法についてのトークセミナーを行います(予約不要・無料)。ぜひお越しください。
  水咲 奈々
水咲 奈々氏   <プロフィール>
水咲 奈々 Nana Misaki
写真家
Facebook:http://misakinana.com

東京都出身。大学卒業後、舞台俳優として活動するがモデルとしてカメラの前に立つうちに撮る側に興味が湧き、作品を持ち込んだカメラ雑誌の出版社に入社し編集と写真を学ぶ。現在はフリーの写真家として雑誌やWEB、イベントや写真教室など多方面で活動中。興味を持った被写体に積極的にアプローチするので撮影ジャンルは赤ちゃんから戦闘機までと幅広い。最近はドローンでの空撮に夢中。
(社)日本写真家協会(JPS)会員。

会期 2017年6月21日~7月1日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

あなたの写真や動画、CGアートなどの作品展をEIZOガレリア銀座で開催してみませんか?
EIZOガレリア銀座を「楽しく情報交換できる場」としてご利用いただけたらと願い、EIZOギャラリーをご用意しています。お客様自慢の作品を大迫力の4Kモニターで多くの来場者に見ていただけるチャンスです。

 

ピックアップ

  • 夜には夜の画質がある。
  • 今すぐできる!疲れ目対策講座
  • EIZOガレリア銀座で作品展開催募集のご案内
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • まだまだ、できる!オフィスの節電
  • モニターでCAD環境をパワーアップ!
  • gaming.eizo.com
prev next