EIZOガレリア銀座

イベント・作品展

最新情報  

2017/07/19
片桐 寿憲氏 作品展「CMY(シーエムワイ)」を開催
2017/07/19
星野 藍氏 作品展「チェルノブイリ・邂逅」を開催
2014/03/04
EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

 

星野 藍氏 作品展「チェルノブイリ・邂逅」を開催

星野 藍氏 作品展「チェルノブイリ・邂逅」を開催

2016年11月29日、忌まわしきチェルノブイリ原発事故から30年目にしてシェルター(新石棺)が漸く完成した。2017年現在は旧石棺と新石棺との間の隙間を埋める作業などが行われている。
私がチェルノブイリに初めて足を踏み入れたのは2013年11月、まだ新石棺の半分を建造している最中だった。
『禁断の地。』廃墟化したゴーストタウン、黄色に染まる美しいポプラ並木、愛着のある村に住み続けるサマショール、原発で働く人々、自由に跋扈する動物たち、輝かしきソビエト時代。翌年8月、再び相見えるチェルノブイリは秋の枯れ景色とは対照的な姿を見せた。澄み渡る青空に溢るる緑の瑞々しい息吹。目に見えぬ放射能という現実を忘れさせる。
栄枯盛衰、死と生が混在するその地は、見る者に残酷な黙示を突き付け続ける。

  星野 藍

<プロフィール>
星野 藍(ほしの あい)
グラフィック&UIデザイナー、写真家、書道家。福島県福島市出身。従姉の死、軍艦島へ渡った事をきっかけに廃墟を被写体とし撮影を始める。
2016年『チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~』(八画文化会館)上梓。2016年BS日テレ『中川翔子のマニア★まにある』に出演、2015年個展『徜境 SHOKYO -チェルノブイリ in 福島-』開催。月刊カメラマン、写ガール、月刊宝島、ワンダーJAPANなどメディア掲載暦多数有り。2017年7月2冊目の写真集を上梓予定。

会期 2017年8月2日~10日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

片桐 寿憲氏 作品展「CMY(シーエムワイ)」を開催

片桐 寿憲氏 作品展「CMY(シーエムワイ)」を開催 写真には被写体と撮影者の関係性が写ります。それはポートレートと言う人物撮影においては特に顕著に表れます。そのため私はひとりの人間を長い期間撮ることにこだわってきました。
今回、石井南と言うシンガーソングライターを目指している女の子をこの写真展の為に撮り下ろしました。
職業柄今まで芸能関係の仕事に就きたいと言う人を数多く見てきました。そして大半の人はメディアで名前を聞くこともなく関係が途切れていきました。
願わくばこの撮影がただの記念写真とならずに、シンガーソングライター/石井南の記録の一部となる事を願っています。
片桐 寿憲

片桐 寿憲氏   <プロフィール>
片桐 寿憲
1967年 東京生まれ
1990年 日本映画学校卒業後、株式会社アートセンターを経て井ノ元浩二氏に師事
1998年 フリーランスのカメラマンとして独立。エディトリアル中心に活動
現在ではエディトリアルからコマーシャルへと主軸を移す

公益社団法人 日本写真家協会会員

会期 2017年8月22日~9月2日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

あなたの写真や動画、CGアートなどの作品展をEIZOガレリア銀座で開催してみませんか?
EIZOガレリア銀座を「楽しく情報交換できる場」としてご利用いただけたらと願い、EIZOギャラリーをご用意しています。お客様自慢の作品を大迫力の4Kモニターで多くの来場者に見ていただけるチャンスです。

 

ピックアップ

  • 夜には夜の画質がある。
  • 今すぐできる!疲れ目対策講座
  • EIZOガレリア銀座で作品展開催募集のご案内
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • まだまだ、できる!オフィスの節電
  • モニターでCAD環境をパワーアップ!
  • gaming.eizo.com
prev next