EIZOガレリア銀座

イベント・作品展

最新情報  

2016/05/25
写真家 茂手木 秀行氏による4Kカラマネセミナー・写真展
2016/05/17
よつば(関口誠吾/本田厚子/田村恵子/田村卓史) 作品展「Junction」を開催
2016/05/17
箱根写真美術館 遠藤桂 写真塾生による作品展「はじめのいっぽ展 2016」を開催
2016/04/18
中村武弘氏 作品展「小笠原への旅 A trip to Ogasawara」を開催
2014/03/04
EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

 

中村武弘氏 作品展「小笠原への旅 A trip to Ogasawara」を開催

中村武弘氏 作品展「小笠原への旅 A trip to Ogasawara」を開催 東京から南に約1000km、本土より遠く離れた海に浮かぶのは南国の楽園・小笠原諸島です。
小笠原諸島は2011年に世界自然遺産に登録され、東洋のガラパゴスと呼ばれるほど固有種の多さを誇り、豊かな自然と日本離れした気候から誰しも一度は行きたいと思う魅力あふれる島々です。
ドルフィンスイムで人気のイルカは一年を通して見られ、回遊してくるクジラもおり、海洋生物が多くダイバー憧れの地です。また、夜空は日本で一番暗いと言われ、天の川はほぼ一年を通して見ることができます。
 
そんな小笠原への交通手段は船のみで、竹芝から出るおがさわら丸で丸一日かけて父島へと辿り着き、長い船旅の先に想像を超える大自然が待ち受けているのです。
本展では海を中心とした作品で小笠原の自然を紹介し、小笠原を感じられる、小笠原を旅した気分になれる作品展示にしたいと考えています。
作品プリント20点、4Kモニターによるスライドショーでは50点の展示を予定しております。小笠原の自然写真を是非ご堪能下さい。
  中村 武弘

<中村 武弘 プロフィール>
1979年東京生まれ。幼いころより海や自然に触れて育つ。海洋写真家として、海中から海上の自然や水族館、船などを被写体とする。海辺の環境に興味を持 ち、磯や干潟、マングローブ林の干潟などをテーマに撮影を行う。取材で訪れた小笠原に魅了され、それ以来一つのテーマとなっている。日本写真家協会 (JPS)会員。日本自然科学写真協会(SSP)会員。海洋写真事務所ボルボックスに勤務。主な著書に「いその なかまたち」(ポプラ社)、「しぜん ひがた」(フレーベル館)、「沖縄美ら海水族館100」(講談社)など。


会期 2016年5月18~28日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

よつば(関口誠吾/本田厚子/田村恵子/田村卓史) 作品展「Junction」を開催

よつば作品展   「写真展をやってみたい!」と佐々木啓太先生の教え子4人で集まったグループ展です。
グループ名の「よつば」とは、四人それぞれの個性の組み合わせと発表の場を表しています。

先生の教えを受けながら1年間写真と向き合い、被写体を特定するもの、法則性のあるものといった縛りのあるテーマから、モノクロやイベントといった普遍的なものまでテーマも四者四様です。

出展者としてはまだ芽が出たばかりの「よつば」の4人ですが、自分たちの表現したいものとは何かを考えて撮り続けた、四人四様の個性の合流点(Junction)となる作品たちをご覧ください。
   
よつば(関口誠吾/本田厚子/田村恵子/田村卓史)

会期 2016年6月1~6月11日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

写真家 茂手木 秀行氏による4Kカラマネセミナー・写真展

写真家 茂手木 秀行氏による4Kカラマネセミナー・写真展

 

ColorEdgeを長年ご愛用いただいている写真家 茂手木 秀行氏をお迎えし、ColorEdge 4Kモニターを使った特別セミナー(予約制・先着順)と、会期2日間限定の写真展(予約不要)を開催します。
セミナーでは、展示作品の撮影テクニックや撮影秘話、カラーマネージメントや4Kモニターを導入するメリットについて、茂手木氏の運用・知識を惜しみなくお話しいただきます。茂手木氏作品のファン必見!またとないチャンスです。

イベント名称 写真家 茂手木 秀行氏による4Kカラマネセミナー・写真展
セミナー会期 【第1回】 2016年6月24日(金)17:00~18:30
【第2回】 2016年6月25日(土)11:00~12:30
【第3回】 2016年6月25日(土)17:00~18:30
写真展会期 2016年6月24日(金)11:00~17:00
2016年6月25日(土)10:00~17:00
・セミナー開催中は、作品展示をご覧いただけませんのでご注意ください。
会場 EIZOガレリア銀座(定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

箱根写真美術館 遠藤桂 写真塾生による作品展「はじめのいっぽ展 2016」を開催

箱根写真美術館  遠藤桂 写真塾生による作品展「はじめのいっぽ展 2016」   箱根写真美術館では、館長・遠藤桂による写真塾を2003年より開催、プロ写真家の指導のもと、箱根の自然を教材に「もっと楽しく、もっと綺麗に、五感を使って」季節ごとの撮影会やレクチャーを実施してきました。近年、写真が身近で生活の一部となった今、誰でもが容易に美しい画像を得られるようになりました。
そんな中、当写真塾では、自由な感性を伸ばす指導と、表現するための技術指導を行っています。
「はじめのいっぽ展」は塾生の作品発表の場として、2005年から、当館ほか会場にて開催し今回で9回目となります。写真を個人の楽しみとしてではなく、作品として発表する喜び、鑑賞する楽しさをを感じ、より良い作品づくりの「はじめのいっぽ」となればと考えています。
 
2016年はEIZOガレリア銀座の会場協力のもと、EIZOのColorEdgeを使用し制作したプリントと高画質モニターで作品を展示。
出品者8名と講師2名の10名が個性豊かな作品をご高覧いただければ幸いです。
 
【出品者(あ順)】磯部浩史・大橋史明・鈴木洋子・德田幸子・長安克芳・古川雅人・本橋育子・吉井小鈴
【講師出品】遠藤桂・海野貴典

【主催】箱根写真美術館 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432
TEL/FAX 0460-82-2717
E-mail:info@hmop.com
http://www.hmop.com

会期 2016年6月15~6月25日
会場 EIZOガレリア銀座 (定休日:日曜日、月曜日および祝日)
入場料 無料

 

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

EIZOガレリア銀座 作品展開催募集のご案内

あなたの写真や動画、CGアートなどの作品展をEIZOガレリア銀座で開催してみませんか?
EIZOガレリア銀座を「楽しく情報交換できる場」としてご利用いただけたらと願い、EIZOギャラリーをご用意しています。お客様自慢の作品を大迫力の4Kモニターで多くの来場者に見ていただけるチャンスです。

 

ピックアップ

  • 夜には夜の画質がある。
  • 今すぐできる!疲れ目対策講座
  • EIZOガレリア銀座で作品展開催募集のご案内
  • よくわかるカラーマネージメント (カラマネ小話)
  • CG制作者のためのカラーマネージメント講座
  • まだまだ、できる!オフィスの節電
  • モニターでCAD環境をパワーアップ!
  • gaming.eizo.com
prev next