「HOSPEX Japan 2017」出展報告

2017年11月20~22日まで東京ビッグサイトで開催された、病院 / 福祉設備・医療機器が一堂に集う専門展示会「HOSPEX Japan 2017」に、EIZOブースを出展しました。

HOSPEX Japan 2017 出展報告

HOSPEX Japan 2017 出展報告  

 

展示会名称 HOSPEX Japan 2017
会期 2017年11月20~22日
会場 東京都 江東区 東京ビッグサイト

 

出展内容

Visual Technology Companyによる手術室向け映像支援ソリューション

「Visual Technology Companyによる手術室向け映像支援ソリューション」をテーマに、治療・手術分野を支える、EIZOならではのソリューションをたっぷりとご紹介しました。

 

EIZOブランド手術用モニターのラインナップを一堂に展示
4Kモデル「CuratOR EX3140」を初披露

2017年6月発表の第1弾手術用3Dモニターから、10月発表の第2弾高輝度2Dモニター、そして11月に発表したばかりの第3弾の4Kモニターまで、新しいEIZOブランド手術用モニターの新ラインナップを一堂に展示しました。

手術用3Dモニターは、オプティカルボンディング加工による映り込みのなさと引き締まった暗部の表示、そして立体映像の「自然な奥行き感」に、多くの来場者が納得、共感されていました。

手術室の天井に設置するアームは、耐荷重10kg以下の制限があり、希望サイズのモニターがなかなか取付けられないと聞きます。EIZOの高輝度2Dモニターは、31.5インチの大きさでありながら、質量9.9kgを実現。ブース内の天吊りアームにスッキリと取付けた無駄のないそのコンパクトな姿に、来場者からは感嘆の声が寄せられました。

HOSPEX Japan 2017 出展報告

手術用3Dモニター CuratOR EX2620-3Dの製品ページへ
手術用2Dモニター CuratOR EX3220の製品ページへ
手術用4Kモニター CuratOR EX3140の製品ページへ

 

ハイエンド手術室向け映像支援ソリューション

バイオクリーンルーム(BCR)を模したブースで、手術室向けの49型サージカルパネル「CuratOR Surgical Panel SP1-49」をメインに、安全で清潔な手術映像支援システム環境をご提案しました。

HOSPEX Japan 2017 出展報告

 

院内監視ソリューション

PCを使わず直接IPカメラの接続・操作が行えるセキュリティ用モニターです。ブース内各所に設置した監視カメラをモニター側からコントロールしたり、画面のレイアウトをドラッグ&ドロップで変更するなど、使いやすい操作性を体験いただきました。

HOSPEX Japan 2017 出展報告

 

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

▼今回展示したソリューションについてのお問合せは下記まで


EIZO株式会社 営業1部 ORソリューション課
 

 

電話

メール

電話番号:03-5764-3403

営業時間:月~金 9:30~17:30 (祝日及び当社休業日を除く)

 


 

ピックアップ

  • 読影の新しいスタイル Work-and-Flow
  • 読影の新しいスタイル Work-and-Flow
  • 新デザインのRadiForceモニター
  • 医療従事者向け情報
  • そのモニター最適な状態ですか?
  • RadiForceトータルサポート
  • パソコン画面と疲れ目の最新事情
prev next