第26回 SECURITY SHOW 2018に出展しました

SECURITY SHOW 2018

2018年3月6日(火)~9日(金)の4日間、「SECURITY SHOW 2018」にEIZOブースを出展しました。先進のIPモニターから、既存のアナログ機器向けのモニターまで、EIZOの幅広いラインナップによる 監視ソリューションをご提案しました。

SECURITY SHOW 2018 EIZOブース SECURITY SHOW 2018 EIZOブース

 

展示会名称 第26回 SECURITY SHOW 2018(公式サイトへ)
会期 2018年3月6~9日の4日間
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場 東京ビッグサイト 東7・8ホール

出展製品の振り返り

IPモニターが変える、監視環境構築の常識
LANケーブル1本、接続完了

会場では、46型IPモニターFDF4627W-IPと23型のFDF2304W-IPに、7社のIPカメラを接続し、カメラ映像を多面表示(3面、4面、8面、9面、16面)しました。

LANケーブル1本をハブに差し込むだけで、IPカメラの映像を表示できる、簡単接続・セットアップのIPモニターに高い関心が集まりました。

また、3月5日に公開した最新ファームウェアで実現した、カスタムスクリーン(カメラ映像のレイアウトを自由に設定可能)もご覧いただきました。

EIZOのIPモニターは、Panasonic、AXISのネイティブプロトコルに加え、ONVIFにも対応。互換性情報も充実しており、導入時も安心です。
 
SECURITY SHOW 2018 EIZOブース

 

 

ラックマウントにドライバー1本で取り付けられる
アナログ機器用監視モニター

既存のアナログ機器へのソリューションとして、HDMI入力対応の18.5型ワイドモニターFDWX1905W、BNC搭載の19型スクエアモニターFDS1903を19インチラックに格納し、展示しました。

オプションの金具AR-05で、EIA規格の19インチラックにドライバー1本でモニターを取り付けられます。

また、アナログHDカメラからの映像をFDWX1905WにフルHD縮小表示し、既存の同軸ケーブルの資産を活用した、コンパクトな高解像度化へのソリューションもご提案しました。
 
  SECURITY SHOW 2018 EIZOブース
 

VMSとの連携も快適な、省スペース4Kソリューション

VMSとの連携も快適な、省スペースの4Kソリューションをご提案しました。 フレーム幅がわずか1mmの27型4KフレームレスモニターEV2785を展示。背面にVESAアダプタPCSK-03を取り付けることで、モニターとミニワークステーションを一体化できる、省スペースの4Kソリューションをご覧いただきました。4Kの広い作業領域でVMSを快適に表示できます。

また、監視業務は長時間モニターを見続けることになり、疲れ目を引き起こします(詳しくは「パソコンで疲れ目はなぜ起こる?」)。EV2785は、疲れ目対策機能が充実しており、使用者の健康にも配慮しています。
 
  SECURITY SHOW 2018 EIZOブース
 

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 

展示製品についてのお問合せはこちら

EIZO株式会社 営業1部 コーポレートソリューション営業課

電話

電話番号:03-5764-3401
受付時間:月~金 9:30~17:30 (祝日及び当社休業日を除く)

下記の「お問合せフォーム」からもお気軽にお問合せください。
折り返し営業担当からご連絡いたします。

お問合せフォームへ

  • お問合せフォームは、トライコーン株式会社が提供するWebマーケティング用顧客管理システム「クライゼル」を使用しております。
    入力フォーム画面は「クライゼル」のページに移動します。あらかじめご承知おきください。
  • お客様に入力いただいた個人情報は、適切な安全管理のもとお問合せへの回答にのみ使用いたします。

EIZO株式会社のプライバシーポリシーはこちら