掲載記事

ワイドである理由。ナナオである理由。

  • 下記の記事は、2007年7月に「MdN」に掲載されたものです。

 

ワイド画面で上がるプロダクティビティ

Web制作の環境を向上させる目に優しい機能

ナナオだから実現できた快適性

 

FlexScan S2431Wを体験したのは鈴木志保子さん(アートディレクター)ネットイヤーグループ

16:9によるハイビジョン映像を楽しむだけでなく、ここ最近デザイナーの作業環境としてのWUXGAやWSXGA+などのワイド画面モニターの人気が高まっている。そこでWebデザインの先端で活躍中のアートディレクター、鈴木志保子さん(ネットイヤーグループ)にナナオの最新モデル「FlexScan S2431W」でワイド画面を体験していただいた。

ワイド画面で上がるプロダクティビティ

デザイナーにとって、PCのモニターは日々の業務に利用するツールである。それゆえにモニターの性能はデザイナーの生産性に直接結びついている、といっても過言ではない。ワイドであれば画面の使用効率も上がり、結果的にプロダクティビティの向上を実現する。

超高解像度のワイド画面でストレスのない広い作業領域

PhotoshopやIllustrator、Fireworksなど、デザイナーが使うソフトウェアでは各種操作パレットが多数表示される。16:10 の横に長いワイド画面をもつFlexScan S2431Wなら、ドキュメントウインドウの横幅を十分に確保したうえで、複数の操作パレットを同時に表示することが可能だ。 「普段、複数のソフトを同時に起動するのが当たり前ですので、そんなときワイド画面ならソフトの切替えも楽に行えます。いちいちタスクバーで切替えたりせず、操作が素早くできます」(鈴木さん)。
FlexScan S2431Wの1920×1200ドットの高解像度24型ワイド画面は、A3サイズを実寸表示し、さらに操作パレットも表示できるので、作業領域を少しでも大きく確保したいデザインワークには最適。17型や19型の約1.75倍、A4ノート型の約2.45倍の情報が表示可能だ。
「グラフィックの微調整のために拡大表示しても目的の部分の周囲も余裕で見られるから、全体のバランスを考えながら調整できる点もうれしいですね」

ワイド画面なら、PhotoshopとIllusratorで同時にいくつもの画像ファイルを開き、それぞれ複数の操作パレットを表示しても、スペースに余裕がある。「ソフトの切替えが素早くできるので、余計なストレスがなくなります」(鈴木さん)

ワイド画面なら、PhotoshopとIllusratorで同時にいくつもの画像ファイルを開き、それぞれ複数の操作パレットを表示しても、スペースに余裕がある。「ソフトの切替えが素早くできるので、余計なストレスがなくなります」(鈴木さん)

 

Flashを使ったコンテンツ制作でも、カラーパネル、レイヤーパネルといった操作パレットを、ドキュメントウインドウの外側に表示できる。タイムラインの編集などでは、ワイド画面ならではの横幅を最大限に活用したい Flashを使ったコンテンツ制作でも、カラーパネル、レイヤーパネルといった操作パレットを、ドキュメントウインドウの外側に表示できる。タイムラインの編集などでは、ワイド画面ならではの横幅を最大限に活用したい A4サイズの見開き2ページを実寸表示した上に、操作パレットを重ねずに表示できる。画像ファイルなどの後ろに隠れている操作パレットをクリックして、前面に出し......といった非効率的な操作は必要ない A4サイズの見開き2ページを実寸表示した上に、操作パレットを重ねずに表示できる。画像ファイルなどの後ろに隠れている操作パレットをクリックして、前面に出し……といった非効率的な操作は必要ない

高輝度、高コントラスト、広視野角のパネルを採用

大型ワイド画面なら、複数のスタッフが同時に目視しての確認作業も楽々。しかも水平垂直178°の広視野角性能が、見る角度が違っても色ズレが起こらず、画面の隅々まで安定した色再現を実現する

大型ワイド画面なら、複数のスタッフが同時に目視しての確認作業も楽々。しかも水平垂直178°の広視野角性能が、見る角度が違っても色ズレが起こらず、画面の隅々まで安定した色再現を実現する

Web制作などのクリエイティブな現場では、複数のスタッフが連携して作業をすることも当たり前。アートディレクターとデザイナーがビジュアルの確認を行ったり、ディレクターとFlashオーサーライザーがコンテンツの動きを確認するなど、ひとつのモニターを前にして複数スタッフがコラボレートする。
そんなシーンで必要とされるのが「広視野角性能」だ。正面だけでなく、上下左右斜めの方向から見たときでも色の視認性が優れたモニターでなければ、ビジュアル素材などの確認作業に支障をきたすこともある。FlexScan S2431Wは水平垂直ともに178°という優れた広視野角を実現。「横から見ても、ほとんど遜色のない発色なので、たとえばデュアルモニターでの作業でも問題なくデザインワークが行えます」(鈴木さん)。
また、450cd/m2の高輝度性能と1000:1の高コントラスト性能で、明るい部屋でもクリアな画面表示を可能にしている。「明るいだけでなく、非常にナチュラルな色に表現されていますね」

 

もっとプロダクティビティが上がる、その理由

縦回転でWebブラウズや制作の効率もアップ!

Webページの制作には、ビジュアルデザインワークと同時にHTMLによるコーディングという作業が含まれる。コーディングの内容がブラウザ上の表示に影響するため、作業過程ではブラウザでのプレビュー確認が必須となる。そうした場面で便利なのが「ピボット(縦回転)機能」。FlexScan S2431Wは簡単な操作でモニターを90度回転でき、縦長表示が可能だ(画面の90度回転はモニタードライバが対応している必要がある)。この機能により、上部に複数のブラウザ画面、下部にコーディング画面を配置してプレビュー確認を行うといったWebデザインワークをストレスなく進めることができる。
「ブラウザを複数並べられるので、細かな表示差異も発見しやすいですね。それに縦長のWebページも表示できるので、全体的なデザインバランスの確認には最適です」(鈴木さん)。

ピボット(縦回転)機能は、ノート型PCのモニターではできなかった機能である。縦長のサイズが多いWebページのデザインやDreamweaverを使ったコーディング作業はもちろん、ブログの開発や文書作成などの際にも便利 ブラウザとコーディングツールを上下に配置し、ストレスのない作業環境を実現する。コーディングの内容が、Internet ExplorerとFireFoxなど複数のブラウザ上で正常に表示されているか、ウインドウを切替えることなく確認も可能
ブラウザとコーディングツールを上下に配置し、ストレスのない作業環境を実現する。コーディングの内容が、Internet ExplorerとFireFoxなど複数のブラウザ上で正常に表示されているか、ウインドウを切替えることなく確認も可能
ピボット(縦回転)機能は、ノート型PCのモニターではできなかった機能である。縦長のサイズが多いWebページのデザインやDreamweaverを使ったコーディング作業はもちろん、ブログの開発や文書作成などの際にも便利

Web制作の環境を向上させる目に優しい機能

Web制作現場は、ときには一日中モニターと向き合うこともある過酷な作業現場である。眼精疲労などに悩むデザイナーも多く、その意味においてモニターの性能はデザイナーの体調にダイレクトに影響するといえる。環境によって輝度を自動調整するなどの支援機能が搭載されたFlexScan S2431Wなら、デザイナーの身体への負担が軽減されるだろう。

表示内容に最適な映像設定を行うFineContrast機能

Pictureモード Textモード 映像、グラフィック、テキストなど、ドキュメントに適した表示モードを選択可能。 Pictureモード(写真左)では輝度や色温度をある程度高めて発色をよくし、Textモード(写真右)は抑えることで目の負担を軽減する

Webページのデザインワークでは、ユーザーの閲覧環境を想定してモニターを高輝度な状態にして作業することもある。そうしたなかで、デザインワークから企画書作成やメールの読み書きなどのテキストワークに切替えたとたん、「背景色の白が目に痛い」と感じる経験は誰もがしているだろう。
FlexScan S2431WはPicture、sRGB、Movie、Textの4つの表示モード(輝度・ガンマ・色温度を調整する)を搭載しており、表示するドキュメントに合わせてボタンひとつで素早く切替えることができる。また、添付のユーティリティソフトを利用すれば、アプリケーションごとに最適な表示モードをプリセットしておき、自動で切替えることも可能だ。
「例えば、デザイン作業に欠かせないPhotoshopはPictureモードに、資料作成などで利用するExcelはTextモードにするなど、アプリケーションに合わせて、事前に表示モードを設定しておけば、自動的に切替えてくれるから目にも優しいし、とっても便利ですね」(鈴木さん)。

周囲の明るさに自動で合わせるBrightRegulator機能

モニター前面に設置されたBrightRegulatorセンサーにより、環境光に最適なモニター輝度に自動調整する モニター前面に設置されたBrightRegulatorセンサーにより、環境光に最適なモニター輝度に自動調整する モニター前面に設置されたBrightRegulatorセンサーにより、環境光に最適なモニター輝度に自動調整する
 

モニター画面の明るさは、実はそれ単体で測るものではなく、周囲の環境光とのバランスで考えるものだ。たとえば日中、外光も採り入れながらの環境では、モニターは環境光の明るさに負けない程度の輝度が必要となる。逆に夜、蛍光灯下の多少暗めの環境では、眼精疲労を軽減するためにもモニターの輝度を抑えることが必要だ。
FlexScan S2431Wは、モニター前面のベゼル下部に「BrightRegulatorセンサー」を搭載。「モニターがまぶしいと感じても、仕事に追われている中では、その度に調整している余裕は……正直なところないですから、環境に合わせて自動的に輝度を調整してくれるのは手間がかからず、頼もしい機能ですね」(鈴木さん)。
また、ナナオの特許技術であるバックライトセンサーによる調光機能も合わせて動作し、環境温度や経時劣化による輝度変化に対して自動補正が働くため、常に安定した発色状態が保たれ、寿命の延長にもなる。

輝度を下げて長時間使用による目の疲れにも配慮

最低輝度まで落としても、視認性に劣ることのない発色性能がFlexScan S2431Wの特長。輝度調整は手動でも可能

最低輝度まで落としても、視認性に劣ることのない発色性能がFlexScan S2431Wの特長。輝度調整は手動でも可能

元来ワイドモニターは、DVD映像やゲームなど、エンターテインメント・コンテンツを視聴する用途を重視しているため、高輝度製品が一般的。このため、業務用として使用する際にはまぶしすぎることも多く、輝度の高すぎるモニター表示が目の疲れにつながることも。
FlexScan S2431Wには特許技術「調光機能」が搭載されており、最低輝度を最高輝度の25~20%まで抑え込みながらも、発色性を保持し、安定した正確な表示を実現する。高輝度ワイドモニターでありながら輝度を下げることができるうえ、最低輝度では消費電力も抑えられるため、ランニングコストも低減される。
「ときに1ピクセルにこだわる作業も多いので、目にかかる負担が多い気がします。ですから、輝度を落としてもピクセルのチラつきがないのは、とてもありがたいです」(鈴木さん)。
 

もっとWeb制作の環境がよくなる、その理由

オーバードライブ回路によるなめらかな動画表示

Webページの制作には、ビジュアルデザインワークと同時にHTMLによるコーディングという作業が含まれる。コーディングの内容がブラウザ上の表示に影響するため、作業過程ではブラウザでのプレビュー確認が必須となる。
そうした場面で便利なのが「ピボット(縦回転)機能」。FlexScan S2431Wは簡単な操作でモニターを90度回転でき、縦長表示が可能だ(画面の90度回転はモニタードライバが対応している必要がある)。この機能により、上部に複数のブラウザ画面、下部にコーディング画面を配置してプレビュー確認を行うといったWebデザインワークをストレスなく進めることができる。
「ブラウザを複数並べられるので、細かな表示差異も発見しやすいですね。それに縦長のWebページも表示できるので、全体的なデザインバランスの確認には最適です」(鈴木さん)。

Flashコンテンツでは、アニメーションの動きの演出が非常に重要。

Flashコンテンツでは、アニメーションの動きの演出が非常に重要。動画をなめらかに表現するモニターだからこそ、リッチなコンテンツも演出できる

ナナオだから実現できた快適性

Web制作の現場には、ただ単に機能性・操作性に優れた機器があればよいというわけではない。クリエイティブな作業に集中するためにも、作業空間を快適で美しいものに演出することは重要だ。モニターにも外観のデザイン性や安定した使用感を得るための快適性が求められる。

オフィスにぴったり合うスマートな外観デザイン

薄型ベゼルには500mWのスピーカーも内蔵。

薄型ベゼルには500mWのスピーカーも内蔵。イヤホンジャックも前面ではなく、側面の見えない位置にさりげなく配置しており、デザインへのこだわりが細部にも感じられる

Web制作を行う環境に置かれる機器にはデザイン性も重視される。とりわけ大型で人の目につきやすいモニターなら、それはなおさらのこと。 FlexScan S2431Wは、SlimEdgeテクノロジーによる薄型ベゼルを採用し、24インチという大きさにもかかわらず、省スペース性を実現した。
ノートPCやワイドモニターを並べてマルチモニターとして使用しても、視線移動が少なく快適に使用でき、またスタンド部の背面にはケーブルを収納可能な設計で、モニター周辺をすっきりとした状態に保つこともできる。
モニターと向き合いながらの作業に、最も多くの時間を費やすデザイナーであればこそ、作業環境に自然に収まるスマートなFlexScan S2431Wの外観は、クリエイティブ作業を充実したものにする。ベゼルカラーはブラックとセレーングレイの2色をラインアップ。
「黒は高級感があって、すごくスタイリッシュだし、白に近いセレーングレイはどんなオフィスにも違和感なくなじみそう」(鈴木さん)。
 

ロングな5年間保証 安心のメイド・イン・ジャパン

鈴木さん

「5年間保証や代替機の貸し出しをしてくれるというのは心強い。
こういう保証があれば、プロジェクトが佳境のとき、モニターにトラブルが発生してパニック……なんて状態も避けられそう」(鈴木さん)

日々使用するモニターは、できる限り安定した状態で利用したいもの。とくにクリエイティブな作業現場は、一日中機器を酷使するハード状況でもあり、なおさら安定度は重要となる。
FlexScan S2431Wは、ナナオ製品として5年間の長期保証付き。期間内(使用時間30,000時間以内)は、無償で修理品引取りをするほか、代替機の貸し出しもある。この5年保証は、ナナオのクオリティ管理への自信の表れといえる。
品質管理の体制や、故障が少ないことに自信があるからこそ、長期間の保証を打ち出せる。同時に国内製による安心のサポート体制をユーザーに提供しているのである。
 

 

ネットイヤーグループ株式会社

1999年に設立したネットイヤーグループは、顧客視点に基づいた最高のエクスペリエンスを創出することを目的として、インターネット技術を活用した戦略的なマーケティング業務支援や新規事業開発を行っている。
"戦略性の高い提案"、"強いブランドを作るクリエイティブ"を武器に、企業のビジネスプラン構築からプロモーション戦略の立案・実行まで、Web制作だけに留まらない総合的なインタラクティブ・マーケティングサービスを提供している。

ネットイヤーグループ株式会社

東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー5F
http://www.netyear.net/

 

■MdN

提供:株式会社ナナオ.
企画・制作:株式会社エムディーエヌコーポレーション
掲載:MdN 2007年7月

ピックアップ

  • パソコンで、なぜ疲れ目は起こるのか?
  • ディスプレイの疲れ目対策 10選
  • 4辺フレームレス・フルフラット
  •  
  • モバイルノートPCを使うならEIZO!外付けモニターのススメ。
  • 夜には夜の画質がある。
  • パソコン疲れ目対策講座 無料セミナー実施中!
prev next