基礎知識

液晶モニターの推奨解像度と拡大モード

モニターの仕様表には「推奨解像度」が書かれていますが、これは何のことでしょうか? また「推奨解像度」以外の解像度を表示した場合にどのようになるのでしょうか?特に、縦:横の比率が異なる解像度の画像を表示した場合にどうなるのか、気になるところです。

液晶モニターでは画面を構成する「画素数」、言い換えると「点灯するポイントの数」が決まっており、その「画素数」が「推奨解像度」となっています。 たとえば「1920×1200」の推奨解像度を持つモニターというのは、横1920列(ドット)、縦1200行(ドット)の画素を点灯(あるいは消灯)させることによって画像を表示する、ということになります。 では、ここに「推奨解像度」と異なる解像度、特に縦:横の比率が「推奨解像度」の比率と異なる画像を表示した場合にどのように表示されるのでしょうか? 推奨解像度が「1920×1200」(横:縦=16:10)の液晶モニターに「1280×1024」(横:縦=5:4)の画像を表示した場合を例にとって考えてみましょう。

推奨解像度1920×1200のモニターに1280×1024の画像を表示した場合

ノーマル表示(等倍表示)の場合

ノーマル表示(等倍表示)の場合は、表示する1280×1024の解像度を持つ画像をそのままの画素数、つまり横1280列、縦1024行の画素を使って表示することになります。 このとき、横1920−1280=640列、縦1200−1024=176行の画素は点灯しない、ということになりますので上下左右に黒い部分ができます。

拡大表示の場合

拡大表示の場合は、表示する画像の「5:4」という縦横の比率を保ったままで拡大します。 この場合、縦1200/1024=1.171875倍に拡大されますので、横1280×1.171875=1500列、縦1200行の画素を使った表示となります。こうすると画像の歪みはありませんが、横1920−1500=420列分の画素が点灯しないので、左右に黒い部分ができてしまいます。また、画像が引き伸ばされますので、ノーマル表示と比べてぼやけた表示となります。

フルスクリーン表示の場合

フルスクリーン表示の場合は、横1280列の画素を1920列の画素で、縦1024行の画素を1200行の画素で表示するため、5:4であるはずの画像の縦横比率は16:10に変わります。その結果、例えば円形を表示した場合に、横長の楕円形になってしまいます。また、画像が引き伸ばされますので、ノーマル表示と比べてぼやけた表示となります。

「推奨解像度」以外で使うと画質の劣化も否めません。 説明したように、液晶モニターはフルスクリーン表示や拡大表示などで推奨解像度以外の解像度を表示させると、たとえば1つのドットで表示すべき情報を2つの画素で表示する部分も必要になるため、 当然のことながら、シャープさは失われます。画質の劣化は否めないので、やはり液晶モニターにおいては「推奨解像度」どおりの解像度で表示するのが最適といえます。

モニターにもビデオカードにもそれぞれいろいろな解像度がありますが、ご紹介したことを参考に正しくモニターを調整して、目に負担をできるだけかけずにお使いいただくことをオススメします。

モニター解像度の設定方法

モニター解像度の設定方法をご確認いただけます。お使いのOSをお選びください。

ピックアップ

  • パソコンで、なぜ疲れ目は起こるのか?
  • ディスプレイの疲れ目対策 10選
  • 4辺フレームレス・フルフラット
  •  
  • モバイルノートPCを使うならEIZO!外付けモニターのススメ。
  • 夜には夜の画質がある。
  • パソコン疲れ目対策講座 無料セミナー実施中!
prev next