基礎知識

EIZOモニターが選ばれるポイント

EIZOグループは、1968年の白黒テレビのOEM事業を皮切りに、創業以来、一貫して映像関連製品を取り扱ってきました。1981年にコンピュータ用 CRTモニターの第1号を発表。4年後の1985年には、ヨーロッパ及びアメリカ市場で発売を開始し、ユニバーサルブランド「EIZO」の歴史をスタート しました。現在、EIZOの液晶モニターは、正確で安定した画像表示とユーザーの視点に立った機能性で、世界各国の多岐にわたる分野で選ばれ、高い評価をいただいています。

【対応力】 自社一貫生産のこだわり

【対応力】 自社一貫生産のこだわり EIZOの液晶モニターは、製品の企画・開発から製造、品質管理に至るまで一貫した体制のもと、すべて自社グループ内で作られています。この一貫体制が製品開発に必要な設計ノウハウを社内に蓄積。より高付加価値の製品開発を実現しています。また、自社生産によって、短納期かつ多品種少量の製品供給を実現しています。

 

【信頼性】 安心を約束する長期保証

【信頼性】安心を約束する長期保証 EIZOの液晶モニターは、使用する部品の定格値に大幅な余裕をもって、故障しにくい設計を行っています。また、自社内にEMC性能の認定測定環境である10m法電波暗室や、製品の状態検証を行う長期ライフ試験室を設けるなど、徹底した品質管理体制を整え、製品の長期保証を実現しています。

  • 関連記事

 

【性能・品質】 技術力とノウハウ

【性能・品質】 技術力とノウハウ EIZOの液晶モニターは、医療、グラフィックス、航空管制、金融など、高い信頼性や特別な性能・機能が求められる市場で特に高く評価され、現在、80を超える国と地域に出荷されています。EIZOグループでは、常に時代に先駆けた高付加価値な技術開発を通じ、高度な市場ニーズを充たす製品を産み出しつづけています。

 

【サポート】 保守体制と長期供給力

【サポート】 保守体制と長期供給力 EIZOの液晶モニターは、当社グループ会社がアフターサポートを担当。設置、オンサイトの保守・管理など安心してお任せいただけます。また、モニター専業メーカーとして培ってきた液晶パネルなどの資材調達力と、グループ内の技術力、生産能力で、製品の長期安定供給を実現しています。

 

ピックアップ

  • パソコンで、なぜ疲れ目は起こるのか?
  • ディスプレイの疲れ目対策 10選
  • 4辺フレームレス・フルフラット
  • 夜には夜の画質がある。
  • パソコン疲れ目対策講座 無料セミナー実施中!
prev next